愛知豊橋市長坂なおと のblog

ブログ総アクセス数600万超。最年少・無所属で2015年の豊橋市議会議員選挙に新人トップ当選(全体8位)、2019年現職トップで再選(同2位)。2023年歴代最多得票にて3選。地元・豊橋のこと、地域のこと、まちなかのこと、市役所・市議会のこと、ニュースを見て思ったこと、いつも考えていること、そして、地元・豊橋のことなどを書いていきます。~住んでほの国、失敗ええじゃないか~

タグ:豊橋市議選

豊橋市議の長坂です。いよいよ3期目となりました。さて、選挙の残務もおよそ終わり、選挙結果の数字を振り返っています。今回、豊橋市議選では、投票者数が男女でぴったり同じ人数という、珍しい現象が起きました。最初は、女性(特に若年の)候補者が増えたので、女性の投 ...

豊橋市議の長坂です。見出し画像が「著作権ロンダリングのイラスト(いらすとや)」ですが、他意はありません。さて、Twitterの公式アカウント、「メディアうさぎ(地震速報botを軸に最新のニュースや分析も発信する新感覚メディア)」https://twitter.com/mgn_eq 管理人様 ...

豊橋市議の長坂です。4月30日までが2期目です。さて、豊橋市議選の投票日からもうすぐ1週間です。翌日の月曜朝こそ、私以外の方が駅(東口)に複数人いらっしゃいましたが、もう月曜夕方には、私だけになりました。水曜くらいには「他の人は1日だけだったけど、今も立 ...

豊橋市議の長坂です。5月からも豊橋市議の長坂です。さて、令和5年4月23日に実施された豊橋市議会議員一般選挙において、無事に当選させていただくことができました。https://www.chunichi.co.jp/feature_pages/senkyo_chubu/Q23051 皆様、本当にありがとうございます ...

豊橋市議の長坂です。長坂なおとに投票お願いします。さて、実はこの春(県知事選)から、豊橋市の「選挙のお知らせ」に変化がありました。上が昨年(令和4年)7月の参院選、下が今年(令和5年)2月の愛知県知事選の「選挙のお知らせ」です。ちがい、わかりますでしょか ...

豊橋市議の長坂です。長坂なおとに投票お願いします。中日新聞に特別扱いいただきました。■さて、中日新聞のアンケート一覧、とても興味深い一方、届け出順でわかりにくかったため、所属会派などごとにまとめてみました。また新人(元職含む)については、「豊橋市の未来と ...

豊橋市議の長坂です。あなたの1票を私にください。「市長を変えよう」という強めなメッセージを出して、今回、豊橋市議選挙に臨んでいます。選挙ポスターも貼り終わり、選挙公報も届き始め、「市長を変えよう」が浸透してきたこともあってか、その意味についてのご質問も増 ...

豊橋市議の長坂です。長坂なおとに投票お願いします!さて、2019年末頃から、人前ではコンタクトとなりました。駅に立ったりや、報告会や本会議、人にお会いしたりの際など。(逆にメガネは、自宅や市役所での事務作業時くらいに)そして、2020年秋以降は、市政報告 ...

豊橋市議の長坂です。期日前も長坂なおとに投票お願いします!さて、本日(4/27)より豊橋市役所などで、期日前投票が始まりました。https://www.city.toyohashi.lg.jp/54324.htm「選挙のお知らせ」裏面より今春から、まちなか図書館(火・水)、道の駅とよはし(木)、イオ ...

豊橋市議の長坂です。長坂なおとに投票お願いします!さて、4月16日(日)9時過ぎ、豊橋市議選の立候補届を提出し、無事に候補者となり、選挙運動できるようになりました。ですので、堂々「投票お願いします!」と言えます。期日前投票含め、必ず長坂なおとにご投票いた ...

豊橋市議の長坂です。お宮参りは東田神明宮だったようです(39年前)さて、県議選も終わり、市議選に向けた選挙ポスターのどでかい掲示場が市内517か所で設置されました。ポスター掲示場の枠に不足があったら大問題です。ですので通常はかなり余裕を持って作られます。 ...

豊橋市議の長坂です。5月以降の豊橋市議会どうなるのでしょう。さて、全国の県議選のニュースを見ていて、統一地方選前半戦の41道府県議選は10日、改選定数の全2260議席が確定した。共同通信の集計によると、自民党が半数を超える1153議席を獲得した41道府県議選挙、自民党 ...

豊橋市議の長坂です。緊張します。さて、昨日(3/4)に、4月23日の投開票が予定されている、豊橋市議会議員選挙の立候補予定者説明会がありました。翌日の東日新聞によると、定数36に対し現職29人、元職1人、新人17人の計47陣営が出席した。https://www.tonichi.net/news/in ...

↑このページのトップヘ