よこやま・まごいちろう(1846~1911)

 横山孫一郎は,弘化3(1846)年,茨城県の横山彦兵衛の長男として生まれる。翻訳局の始設に尽力する。また,大倉喜八郎と商社を興し,大倉組ロンドン支店を開設し,貿易事業に貢献した。帝国ホテル・国光生命・大日本ホテルなどの重役を兼ねた。特に,明治23(1890)年の帝国ホテルの創設から死去する同44(11)年まで,帝国ホテルの経営を支えた。明治29(1896)年から同35(1902)年まで,豊川鉄道の社長であった。明治44(1911)年10月29日,没した。

- -
豊橋市議の長坂です。
豊橋のことをお調べくださり、ありがとうございます。

このページは、2006年12月発刊の豊橋百科事典を元に作成しています。
苦節5年半「豊橋百科事典」とうとうオープンデータ化! - 愛知豊橋市長坂なおと のblog
http://nagasakanaoto.blog.jp/210125.html 
豊橋百科事典については、下記の豊橋市サイトからもご覧いただけます。
https://www.city.toyohashi.lg.jp/14682.htm 

では!