やぎ・いちろう(1901~90)

 八木一郎は,明治34(1901)年7月23日,八木用作の長男として,渥美郡高師村藤並(豊橋市藤並町)で生まれた。大正12(1923)年3月,東京高等蚕糸学校を卒業し,東京府・愛知県・農林省・興亜院・大東亜省の農林技師に就任,昭和21(1946)年,退官した。退官後は,全国農業会参事を務め,昭和22(1947)年5月,愛知県第5区から衆議院議員選挙に当選した。以後,当選5回,衆議院農林常任委員・内閣常任委員長・衆議院農林政務次官を歴任した。また,昭和38(1963)年からは,愛知県地方区から参議院議員に当選4回,参議院商工委員長・外務委員長・予算常任委員長を歴任した。この間,豊川(とよがわ)用水土地改良区理事・全国養蚕農協連合会顧問・全国農業共済組合顧問などを務めた。平成2(1990)年2月25日,没した。

 関連項目 - 豊川用水

- -
豊橋市議の長坂です。
豊橋のことをお調べくださり、ありがとうございます。

このページは、2006年12月発刊の豊橋百科事典を元に作成しています。
苦節5年半「豊橋百科事典」とうとうオープンデータ化! - 愛知豊橋市長坂なおと のblog
http://nagasakanaoto.blog.jp/210125.html 
豊橋百科事典については、下記の豊橋市サイトからもご覧いただけます。
https://www.city.toyohashi.lg.jp/14682.htm 

では!