りゅうこのず

 「竜虎の図 円山応挙筆」軸仕立二軸箱入 2幅(正宗寺蔵)は,昭和49(1974)年3月12日,豊橋市有形文化財(絵画)に指定された。

 正宗寺(豊橋市嵩山(すせ)町)の「竜虎の図」は,紙本墨画,掛幅,縦140㎝,横91㎝で,竜と虎の描かれた双幅で,円山応挙(1733~95)により,安永3(1774)年に描かれたものである。その箱書きにより,作画された翌安永4(1775)年,正宗寺の住職万年和尚が仕立てたことがわかる。

- -
豊橋市議の長坂です。
豊橋のことをお調べくださり、ありがとうございます。

このページは、2006年12月発刊の豊橋百科事典を元に作成しています。
苦節5年半「豊橋百科事典」とうとうオープンデータ化! - 愛知豊橋市長坂なおと のblog
http://nagasakanaoto.blog.jp/210125.html 
豊橋百科事典については、下記の豊橋市サイトからもご覧いただけます。
https://www.city.toyohashi.lg.jp/14682.htm 

では!