ながばのいしもちそうじせいち

 「ナガバノイシモチソウ自生地」(豊橋市佐藤町2500㎡)は,平成5(1993)年12月3日,豊橋市天然記念物に指定された。

 「ナガバノイシモチソウ自生地」は,幸(みゆき)公園内の長三池にある。愛知県内にある他の2か所のナガバノイシモチソウ自生地は,愛知県の天然記念物に指定されている。指定地は,コナラ群落とマツ群落の雑木林と草原からできている。草原中には,セイタカアワダチソウ群落,ヤマハギ群落などとともに,ナガバノイシモチソウが見られるイトテンツキ群落やシバ群落がある。ナガバノイシモチソウが生えるこれらの群落は,自然の状態に放置すればチガヤ群落・イヌノハナヒゲ群落などに変化(遷移)しがちである。このため,ナガバノイシモチソウが生える環境を維持するためには,植生の管理が必要である。ナガバノイシモチソウと一緒に生える植物には,ヒメオトギリ・トウカイコモウセンゴケ・ヒナノカンザシなどがあり,いずれも湿地性の植物である。この自生地は,年に2~3回,花の咲く時期に豊橋市によって公開されている。

- -
豊橋市議の長坂です。
豊橋のことをお調べくださり、ありがとうございます。

このページは、2006年12月発刊の豊橋百科事典を元に作成しています。
苦節5年半「豊橋百科事典」とうとうオープンデータ化! - 愛知豊橋市長坂なおと のblog
http://nagasakanaoto.blog.jp/210125.html 
豊橋百科事典については、下記の豊橋市サイトからもご覧いただけます。
https://www.city.toyohashi.lg.jp/14682.htm 

では!