愛知豊橋・長坂なおと のblog

~住んでほの国、失敗ええじゃないか~  地元・豊橋のこと、地域のこと、商店街のこと、まちなかのこと、ニュースを見て思ったこと、いつも考えていること、そして、地元・豊橋のことなどを書いていきます。

タグ:NHK

豊橋市議の長坂です。無所属地方議員です。いよいよ選挙期間が始まる公示日を迎えました。友人のおときた都議がこんなブログを書いていました。おときた駿(東京都議会議員 /北区選出)@otokitaブログ更新:無所属地方議員として、総選挙にどう向き合うか?今回は「人で選ぶ ...

豊橋市議の長坂です。こちらのブログを機に、オトナ音@愛知豊橋@otonaoto【ブログ更新】&vquot;追悼・みわっち、こと過労死のNHK佐戸未和記者。&vquot;- 愛知豊橋・長坂なおと のblog https://t.co/HOk7VALvxO #NHK2017/10/05 00:16:54フジテレビとTBSからインタビューいただ ...

豊橋市議の長坂です。昨夜、こんなブログを書きました。オトナ音@愛知豊橋@otonaoto【ブログ更新】&vquot;追悼・みわっち、こと過労死のNHK佐戸未和記者。&vquot;- 愛知豊橋・長坂なおと のblog https://t.co/HOk7VALvxO #NHK2017/10/05 00:16:54このブログから、問い合わせ ...

NHKが、学生時代からの友人の過労死について公表しました。オトナ音@愛知豊橋@otonaotoNHK:女性記者、過労死で労災認定 - 毎日新聞 https://t.co/6RLKDN6DAaうおっ、みわっち。。えっ、、!??2017/10/04 20:57:44オトナ音@愛知豊橋@otonaotoNHKの31歳の女性記者、 ...

豊橋市議の長坂です。新しい働き方を模索しています。さて、月に一度くらい、当局(豊橋市役所)からこんな連絡(報告)が届きます。業者の指名停止について指名停止とは?指名停止(しめいていし)は、一定期間、日本国や日本の地方自治体の競争入札参加資格を停止する懲罰 ...

テレビの効果は大きいのか、ユニチカ跡地案件が、最近アクセス上昇中です。NHKカメラが議会に来た日。ユニチカ跡地案件 - 愛知豊橋・長坂なおと のblog http://nagasakanaoto.blog.jp/160510.htmlさすがに、翌日の新聞は、ユニチカ跡地案件が大きく取り上げられていましたが ...

愛知・豊橋を含む東海3県で、平日18時10分から放送のNHK「ほっとイブニング」 - http://www.nhk.or.jp/nagoya/hot/2016年5月10日(火)放送のリポート「アジア市場に挑む豊橋の菓子」が、とてもすばらしく、かつ、嬉しい内容でした。 是非多くの人、特に地元の人に知っても ...

本ブログでも度々取り上げている、ユニチカ跡地について。本日、議会の総務委員会において、豊橋市から経過と対応についての説明、そして、議員(総務委員)からの質問がありました。ぼくは建設消防委員で、総務委員ではないので傍聴です。これまでの経緯については、こちら ...

熊本で地震が起きて、10日が経ちました。ぼくも被災地に行きたい気持ちを抑えつつ、非力で体力のない僕が今行っても邪魔になるだけ、ともやもやした気持ちでいます。■さて、地震からNHKの番組では、このようなL字型の地震関連情報がずっと掲載されています。ほぼ毎日NHKを見 ...

3月1日より、豊橋市では長い長い3月議会がスタートしました。初日の今日は、市長からの所信表明を含む「予算大綱説明」というものがありました。議場で座席につくと、机にこんな冊子が。3月議会で審議をしていく、平成28年度のお金の使い方(予算)について、豊橋市長から大 ...

最近、というか豊橋に戻ってから、高齢者とか介護のことをよく考えます。 それは、還暦前後の両親が近くにいたり、身近で認知症などに接する機会が増えているからと思います。 たぶん東京で、健康な同年代の友人たちだけと楽しく過ごしていたら、こんなことを考える機会は ...

タイムワープ成功しました。 どうも、タイムスクープハンター沢嶋雄一です。 先日、ミナミさんに任務を装って、好きなタイプを聞いたら注意されました。 さて、こちら1921年、場所は東京。 コードナンバー638316 『元祖なでしこサッカー』 レポートします。1921年、 ...

タイムワープ成功しました。 どうも、タイムスクープハンター沢嶋雄一です。 コードナンバー、268435 『見えざる戦い!ほら貝吹き』 に知られざる豊橋の産品・法螺貝が登場していたという情報を得ました。今回の取材対象は戦国時代の、ほら貝吹き。ほら貝は音響効果により ...

↑このページのトップヘ