愛知豊橋市長坂なおと のblog

最年少・無所属で2015年の豊橋市議会議員選挙に、新人トップ当選(全体8位)2019年現職トップで再選(同2位)。ブログ総アクセス数400万超。地元・豊橋のこと、地域のこと、商店街のこと、まちなかのこと、市役所・市議会のこと、ニュースを見て思ったこと、いつも考えていること、そして、地元・豊橋のことなどを書いていきます。~住んでほの国、失敗ええじゃないか~

タグ:吉田城

豊橋市議の長坂です。見出しは、新聞社が付けてくださいました。さて、11月21日の東愛知新聞にて寄稿を載せていただきました。以下、全文(原稿)です。■市政報告で豊橋公園の名称変更についてお話していた御縁で、寄稿の機会をいただきました。 豊橋公園の名称変更につい ...

豊橋市議の長坂です。ご覧いただきありがとうございます。さて、2022年10~11月に開催した、市政報告・座談会でお話した主な内容に関するブログをご紹介します。テーマは「豊橋公園・新アリーナ・吉田城」で、お話した内容は、豊橋公園のこれまで豊橋公園の名称変更について ...

豊橋市議の長坂です。豊橋公園も縁(へり)の際(きわ)です。さて、10月11月の市政報告会・座談会に合わせ「豊橋公園地のこれまで」をまとめてみました。せっかくなので拙ブログでもご紹介させていただきます。(間違い等ございましたら、ご教授賜れば幸いです)■紀元前3 ...

豊橋市議の長坂です。初めてこの絵を見たとき、驚きました。さて、新しく作成した市政報告チラシ「豊橋だいすきvol.08」こちらに記載した「約30年前豊橋市が描いた『豊橋公園整備イメージ』」の詳細をご紹介します。このイメージは平成3年3月、高橋アキラ市政で策定された ...

豊橋市議の長坂です。日程変更や中止あれば、こちらでお知らせいたします。さて、市政報告・座談会を計10月~11月で計19か所で28日やります。テーマは「豊橋公園・吉田城・新アリーナ」です。もちろん後半の座談会では他テーマのお話もお聞きしたいです。併せて、市 ...

豊橋市議の長坂です。思わぬ発見あるものです。さて、先日開催された吉田城址の「市史跡指定記念講演会」、楽しく学べました。http://www.toyohashi-bihaku.jp/?p=15280 「築城当初の正面入り口は東側であったのでないか、 とすると(本丸南西の)千貫櫓が天守だった可能性 ...

豊橋市議の長坂です。市民の気持ちに寄り添うとは何でしょう。さて、浅井市長が4月の定例記者会見にて「豊橋公園の新しい名称を募集」することを発表されたようです。https://www.city.toyohashi.lg.jp/50294.htm 広く募集するということで「変な名前になってしまうのでは ...

豊橋市議の長坂です。吉田城址で池田輝政期の石垣が見つかりました!豊 橋 市 美 術 博 物 館@toyohashibi#豊橋市美術博物館(#文化財センター)では、#吉田城 址の保存と活用に向けた調査を継続して行っています。今年度、石垣の状態調査などを行うなかで、#池田輝政 ...

豊橋市議の長坂です。豊橋市の職員、優秀です。さて、浅井新市長の所信表明について、下記の続きです。浅井新市長の所信表明、割とよかったです(表面) - 愛知豊橋市長坂なおと のblog http://nagasakanaoto.blog.jp/201130.html 前回(表面)は、佐原市政時の方針と、浅井 ...

豊橋市議の長坂です。市長選に関する対応は未定です。さて、長坂なおと後援会の新しい入会案内「いつか市長に 実現させたい 長坂なおと 12の対案」を作成しました。文字ばかりですみません。7・8月に中学校区ごと22の市民館で行った報告・座談会にご参加くださった方な ...

豊橋市議の長坂です。手紙のハートマークがハイカラ過ぎます。さて、エイプリルフール以来、新型コロナウイルス以外の話題です。今春より絶賛放映中、NHK朝の連続テレビ小説「エール」二階堂ふみさん演じる関内音さんは、豊橋出身の古関(旧姓:内山)金子さんがモデルです。 ...

豊橋市議の長坂です。インフルエンザにも気をつけてください。さて、2月18日、豊橋市から新年度(令和2年度)の予算(お金の使い方)案が示されました。4年に1度の選挙が、公私に渡る全般への市民からの評価だとすれば、市役所から毎年この時期に示される予算案は、議 ...

豊橋市議の長坂です。祇園精舎ってインドらしいです。さて、今週末は祇園祭。7月20日(金)に手筒花火、21日(土)に打上花火、22日(日)に本祭があります。今年も後輩から「長坂さん、どこで見るのがいいですか!?」という問い合わせをいただきました。この機会に ...

豊橋市議の長坂です。遊び人から賢者になるような人生に憧れます。さて、日曜の中日新聞に掲載される「わたしが編集長」というコーナーが好きです。このコーナーは紙面のおよそ1/3という膨大な面積で、各地の記者が好きなコト・モノを書くという自由度高い、かなり思い切 ...

豊橋市議の長坂です。最近おもしろかった動画は「かぜぐすリリック」です。さて、フラッシュ動画をご存知でしょうか?まだ、Youtubeが生まれる前、動画と言えばフラッシュでした。そこでは、「ペリー来航(開国してくださぁ~い)」「ゴルゴの吉野家(つゆだく)」「チバ!シ ...

豊橋市議の長坂です。豊橋にも「ブラタモリ」来てほしいです。さて、続日本100名城選定記念 第1回とよはしシンポジウム『城の魅力-吉田城と戦国-』に、http://www.toyohashi-bihaku.jp/?p=8390https://www.facebook.com/events/1268186389994260行ってきました。なんだこ ...

豊橋市議の長坂です。世界史選択でした。さて、1月8日から新しいNHK大河「井伊直虎」が始まります。http://www.nhk.or.jp/naotora/井伊直虎って言われてもピンと来ない人が多いと思いますが、幕末に江戸城の桜田門外で暗殺された井伊直弼さんのご先祖様的な方です。そんな ...

わかみやむら  八名郡若宮村は,戦国末期吉田(豊橋)城の外郭拡張に伴い,飽海(あくみ)村の百姓によって開発され,若宮八幡社にちなんで名付けた村である。八名郡若宮村の村高は,「旧高旧領取調帳」(明治元年)に豊橋藩領分137石余,若宮社領3石余とある。「吉田領戸数調 ...

れんぺいじょう  陸軍歩兵第18聯隊が豊橋に設置され,明治17(1884)年旧吉田(豊橋)城内3万2000坪の敷地に兵舎築造が開始された。また,附帯施設として練兵場用地に豊橋宮下町外五か町6万2990坪,射的場用地に八名郡牛川村田中4万2087坪,埋葬地として渥美郡東田村前山200 ...

れんせんじ  高流山蓮泉寺(真宗大谷派)ははじめ正行寺と称し,その創立は不明な点が多い。寺伝によれば,創立は応永8(1401)年で,開山は慶心法師で,三河国足助庄下山上小市(豊田市)に建てられ,後,4世了慶法師(文安4年示寂(じじゃく))の時,渥美郡馬見塚(吉田城 ...

りんざいじ  万年山臨済寺(臨済宗東福寺派)の創立は,寛文4(1664)年で,正保2(1645)年吉田(豊橋)城主小笠原忠知が豊後国杵築(大分県杵築市)より移封の際,菩提寺宗玄寺を吉田に移した。小笠原忠知が没した時,小笠原長矩は宗玄寺を仁連木村(豊橋市東田町)に移し ...

りゅうねんじ  吉田山竜拈寺(曹洞宗)の創立は享禄元(1528)年,実質開山休屋宗官和尚が,福厳寺(小牧市)始祖盛禅洞しゃく和尚を開山とし,吉田(豊橋)城主牧野信成が亡父・古白の23回忌追善のために建てたとする説と,従来あった寺院跡に大永(1521~28)初年ごろ牧野 ...

りくぐんびょういん  明治18(1885)年4月,歩兵第18聯隊が名古屋から豊橋に移駐して吉田(豊橋)城址(じょうし)に兵営が置かれ,豊橋衛戍(えいじゅ)病院が聯隊内に設置された。明治41(1908)年11月,第15師団が渥美郡高師村に設置され,師団衛戍病院が磯辺(豊橋市中野町 ...

よしだみなと  吉田(豊橋)湊は,吉田大橋のすぐ下流,豊川(とよがわ)左岸の吉田宿船町にあった湊である。上流域から吉田まで物資を運ぶ川船の終点,さらに江戸への廻船(かいせん)・伊勢通船の起点としてにぎわった。慶長5(1600)年の関ヶ原の合戦に際して船を出して協力 ...

よしだはんたいきゃくじょ  吉田(豊橋)藩対客所は,御馳走(ごちそう)屋敷ともいい,東海道を重要な人々が通る場合に吉田藩として,接待の儀礼を行ったところである。吉田城の正門である大手門の前には,西側に高札場があり,東側には対客所があった。江戸時代には吉田宿を ...

よしだてんじんしゃ  吉田天神社は,往古,菅公の神像が鹿菅(しかすが)の海辺に漂っていたのを里人が石塚(豊橋市花田町)の辺りに小社を建てて祀っていたが,天文元(1532)年岩崎玄朝が奉祀したことに始まる。「三州吉田領神社仏閣記」(元禄6年)に,羽田村「新銭町,天 ...

よしだじょうひとじちだっかん  吉田城人質奪還は,永禄7(1564)年5月12日,二連木(にれんぎ)城主戸田主殿介重貞が吉田城に人質となっていた母を奪還したできごとである。岡崎の松平家康は,西三河の一向一揆を平定した後,勢力を東三河へと侵攻させ「小坂井」「牛久保」を ...

よしだじょうこうぼうしもじかっせん  吉田城(豊橋)攻防・下地合戦は,牧野信成が吉田城主の時,西三河において松平清康が勢力を拡大して東三河を侵攻した享禄2(1529)年5月28日のことである。松平清康は,享禄2(1529)年5月27日,兵を発し赤坂(宝飯郡音羽町)から小坂 ...

よしだじょうえず  「吉田城絵図」は60数点が確認されており,描かれている内容により6分類できる。①郭内(三の丸内)中心に描き藩士屋敷地を簡略化したもの ②藩士屋敷地までを描くもの ③町屋までを描くもの ④地震破損図 ⑤御殿図 ⑥その他(例えば,街道筋を描い ...

よしだじょう  吉田(豊橋)城は,現在の豊橋公園とその周辺をはじめ,東は飽海(あくみ)町から旭町,南は曲尺手(かねんて)町から呉服町,西は関屋町に達する広大な城であった。その縄張りは豊川(とよがわ)を背に,本丸を基点に二の丸,三の丸を前面,側面に配したもので,半 ...

よしだしゅくほんじん  吉田(豊橋)宿本陣は,吉田の中心街札木に2軒あった。いずれも街道北側にあり,当初は清須屋こと中西与右衛門家1軒であったが,後に清須屋の東隣の江戸屋新右衛門家が脇本陣より本陣に昇格した。この昇格の時期については,古記録などから松平(大 ...

よしだがま  吉田鎌は,かつて東海道吉田(豊橋)宿の名物として知られた鎌である。厚い鉄を割って鋼を入れ,くっつけて薄くし,すいて地金だけをとってしまう(鋼を包んだ地金を鋼が出るまですいていく)製法で作られる。いわゆる「付け刃金」の鎌で,鋼が余分に外に出てい ...

よしだ  吉田は豊橋の旧称である。その名は古く,天慶3(940)年に伊勢神宮の神戸が飽海(あくみ)郷に置かれ,その後この中に吉田御園を設置したとあることから,すでに平安時代に吉田と呼ばれていた地域があったことを示している。 一方,永正2(1505)年に牧野古白が築い ...

やまだ・そうへん(1627頃~1708)  山田宗へん,本名周学は,京都二本松(上京区)の出身(「参河名所図絵」には,渥美郡大草村の生まれとある)で東本願寺の末寺長徳寺5世を継いだ。初名を周覚,宗円といい,生来茶を好み,6歳にして小堀遠州に師事する。18歳の時,千宗旦 ...

やなぎもと・じょうせい(1879頃~1964)  柳本城西,本名満之助は,明治12(1879)年,渥美郡豊橋町関屋の元吉田藩弓術指南の家に生まれた。私立中学豊橋時習館に学び,医術開業試験に合格して,豊橋病院外科の医局員となった。明治36(1903)年,「無花果(いちじく)短歌会 ...

むかいやまりょくち  向山緑地は,豊橋市街地東部の向山台地に昭和41(1966)年4月開設された。面積は17万1300㎡の総合公園である。「梅林園」は,27種類421本の梅が植えられ「梅まつり」が開催される。西側部分の通称「向山公園」は,「平和の塔」「豊橋工兵隊記念碑」など ...

むかいやまおおいけのしぜん  向山大池は,向山緑地(昭和41年開設 17.1ha)内にある溜池で,もともとは吉田(豊橋)城の堀に水を引くために造られた。かつてはヨシやハスが茂り,水中にはクロモ,センニンモなどの水草が茂っていた。当時は,ショウジョウトンボ・チョウト ...

むかいやまおおいけ  向山大池は,古く承応3(1654)年に吉田(豊橋)藩主が築造させた溜池である。かつては,面積10町2反4畝29歩(約10ha)もあった文字通りの大きな池であった。この水は,吉田城下の下水道に引き入れられ,吉田城の外堀にも供給され,吉田方の水田まで流 ...

みょうりゅうじ  延兼山妙立寺(日蓮宗)の創立は,元中3(1386)年2月で,開山は日什上人である。永禄11(1568)年,徳川家康は宇津山城(湖西市入出)に大原肥前守鎮実を攻めたとき,妙立寺に本陣をおき,寺の梵鐘(ぼんしょう)を合図に攻撃して大勝利をおさめたと伝えられ ...

みょうえんじ  運立山妙円寺(顕本法華宗)は,文禄元(1592)年の創立で,開山は日円上人である。開基は吉田城主池田輝政である。池田輝政は天正18(1590)年7月,吉田(豊橋)城主となったとき,妙立寺(湖西市吉美)の日円上人に帰依し,上人登城の際の休息所として堂宇 ...

みずの・ただきよ(1582~1647)  水野忠清は,天正10(1582)年,水野忠重の4男として,刈谷で生まれた。寛永9(1632)年,三河刈谷2万石から2万石を加増されて三河吉田(豊橋)4万石の城主として入封した。寛永11(1634)年,徳川家光の上洛に供奉(ぐぶ)した。その帰途, ...

まんぷくじ(こはま)  宝樹山万福寺(臨済宗妙心寺派)の創立は,寛治5(1091)年鎌倉時代以前の開創であり,本尊が大日如来坐像であることから往古は真言宗の寺院であったといわれている。その後,鎌倉建長寺派に転派し,天正年間(1573~92)京都妙心寺派に移って東観音 ...

まみづかむら  永正2(1505)年,牧野古白が馬見塚と飽海(あくみ)の地に今橋城を築いたという。また,馬見塚のもとの地は,後の吉田(豊橋)城の地である。今川氏親は,馬見塚の替え地として,渡辺平内次に三ツ相村120貫文をあてがったという。吉田方5か村は,寛永15(1638 ...

まつばらようすいしよう  「松原用水史要」(豊橋市教育会 昭和19年)は,東三河における治水・土木の観点から重要な歴史的研究課題であった松原用水について書かれたもので,主な内容は,豊川の洪水・橋尾井堰・江戸時代の潅漑・争論・松原井堰などである。 松原用水は, ...

まつばらようすい  松原用水は,豊川(とよがわ)右岸の水田約800haを灌漑する農業用水で,豊川用水事業に併合されている。昭和43(1968)年に愛知用水公団の事業として完成した牟呂松原頭首工(新城市一鍬田(ひとくわだ))で豊川から取水し,牟呂松原幹線水路を5.3㎞流下した ...

まつばしょうがっこう  豊橋市立松葉小学校は,明治26(1893)年4月,豊橋町立豊橋第三尋常小学校として,本校を西八町,分教場を船町に設置し,豊橋町船町・湊町・上伝馬町・松葉町などを校区として開校したことに始まる。明治30(1897)年1月,校舎を豊橋町松葉町に新築・ ...

まつだいら・ただとし(1582~1632)  松平(深溝)忠利は,天正10(1582)年1月16日,松平家忠の子として,三河国深溝(額田郡幸田町)で生まれた。父・松平家忠は,慶長5(1600)年,徳川家康が奥州の上杉征討に出発した時,伏見城防備にあたっており,石田三成勢に攻めら ...

まきの・こはく(?~1506)  牧野氏の祖は,長山(豊川市下長山町)の一色刑部の被官として讃岐国から来住して,牧野(豊川市牧野町)に城を築き,瀬木城(豊川市瀬木町)・一色城(豊川市牛久保町)を拠点とした。 牧野成時(法名古白)は,永正2(1505)年,今川氏親(1 ...

↑このページのトップヘ