愛知豊橋・長坂なおと のblog

~住んでほの国、失敗ええじゃないか~  地元・豊橋のこと、地域のこと、商店街のこと、まちなかのこと、ニュースを見て思ったこと、いつも考えていること、そして、地元・豊橋のことなどを書いていきます。

JunkStageのコラムを更新しました。拝啓豊橋市役所 移住促進課のお知らせ「なんて暮らしやすいところなんだ」私は、18まで豊橋で過ごし、大学進学とともに上京しました。上京して、すぐに感じたのが豊橋の暮らしやすさです。大学に行くまで、私は「将来はアメリカに行く」と ...

このブログでも度々登場しているたかちゃん、こと、井上貴至が主催している「地域力おっはークラブ」で、お話させてもらえることになりました。 11月5日(水)7:45から、場所は東京・日本橋の地域活性化センターです。実は、一年くらい前から、お誘いいただいていたのだけ ...

先日、市長にお会いしたとき、下記の私案をいっしょにお渡ししました。 これまで僕は、広くいろんな意見やアイデアを聞きたかったので、新しい図書館について、自身の意見やアイデアを言うことを控えていました。 それは、僕が特定のことを言うと、議論がそれへの賛成/反 ...

「豊橋に日本一の図書館をつくろうプロジェクト」、みなさんが書いてくださった、ポスターやアイデア、そして発表会のプレゼン集を、豊橋市長の佐原光一さんにお渡してきました。佐原さんは、「中央図書館が本の博物館なら、まちなか図書館は本の遊園地に」「図書館も重要だ ...

僕ももう31なのですが、この年になると、自分の知人・友人にオピニオンリーダーみたいなのが出てきます。 さすがみんな、文章が上手で、彼らのブログやコラムを僕も楽しく、そして感心しながら拝見しています。彼らの更新を、だいたいフェイスブックで知るのですが、そうす ...

JunkStageのコラムを更新しました。拝啓あなたにとってお母さんってどんな存在ですか?僕にとって母は、ときに重要な情報源です。“同級生の内藤君が起業して開発した電動車椅子95万が人気の様です。wHILLで検索してみて!”wHILL?どこかで聞いた気が。・・・おおっ、続きは ...

大学の知り合いが本を出しまして、めでたい。 というか、うらやましい!「育休世代」のジレンマ 女性活用はなぜ失敗するのか? (光文社新書) 投稿 by 「育休世代」のジレンマ. 自分という人間に対する成果や評価が、自分に貼られた「女」というカテゴリーによるものだったの ...

最近、というか豊橋に戻ってから、高齢者とか介護のことをよく考えます。 それは、還暦前後の両親が近くにいたり、身近で認知症などに接する機会が増えているからと思います。 たぶん東京で、健康な同年代の友人たちだけと楽しく過ごしていたら、こんなことを考える機会は ...

花園商店街の「花園ベース・HANACOYA」が、本日発表のグッドデザイン賞2014を、いただけることになりました。多くの方のご協力をいただいてのことで、本当にありがたいです。花園商店街のご理解、豊橋技科大建築サークルTYACCの渋谷先生や学生たち、 トヨハシ・ランバーメン ...

再び、「豊橋に日本一の図書館をつくろう発表会」の話。実は当日まで、ものすごく不安だったのです。 不安というか申し訳ないというか、とにかく、とても反応がわるいイベントでした。 反応というのはネットでの事前申込のこと。9月頭に、申込ページを開設して、各所にお知 ...

先週行った、「豊橋に日本一の図書館をつくろう発表会」、その中で、僕がもっともハッとさせられたのは、発表者のこんな言葉でした。「新しい図書館の長は、もしかしたら館長でなく、園長かもしれない」■新しい図書館が入る予定のビルには、公園的な広場が整備される予定が ...

愛知県内の市で唯一「消滅可能性都市」とされた新城市が、若者政策推進条例づくりを進めている(略)市長に直接政策提言できる場を設けるとしている(略)担当課を取材した夜、近隣の市が設けた図書館新設にかかわる市民ワークショップに顔を出した。市側があいさつや説明に ...

JunkStageのコラムを更新しました。拝啓最近、いつ花をもらいましたか?最近、いつ花を贈りましたか?僕は、先週贈りました。続きはこちら。  - 花がある町、豊橋| なんにもない豊橋から http://www.junkstage.com/naoto/?p=241 では。 ...

地元愛知大学・地域政策学部では、地域貢献事業というのを進めています。 その中の1グループ「Accompany(アカンパニー)」とは、2年前から付き合いがあり、「豊橋まちなかお店マップ(2012)」「豊橋まちなか看板娘マップ(2013)」をいっしょにつくらせてもらいました。 ...

9月24日(水)、まちなか図書館に関する市民ワークショップ(豊橋市主催)に行ってきました。 この日のテーマは、「雰囲気・空間」について。配付された資料がこちら。ん???「静かなフロア、賑やかなフロアの2層の空間について、各年代・属性別の利用を想定し、整理。」 ...

9月23日(祝)、半年弱これを目指して動いてきた発表会が、無事終了しました。発表くださった12組の方々、来てくださった100名の方々、ポスター描いて貼ってくださった方々などなど、少しでも関わってくださった、たくさんの方々、本当にありがとうございます。■ここからは ...

連載最終回の第五回が公開です。 「豊橋って何があるの?」と聞かれたとき、何と答えていますか?「いやあ、なんにもないね」そう答えていませんか。私はそう答えがちです。 「あなたはどんな図書館がほしいの」と、よく聞かれます。私はいろんな方にいろんな意見を言って ...

最も読んて欲しい、最も伝えたい第四回が公開です。 6月に小布施町立図書館まちとしょテラソの初代館長 花井裕一郎氏を招き、豊橋で講演会を開きました。そこで「今私たちがやらなきゃいけないことは何ですか?」と聞きました。答えは「しっかり話し合ってコンセプトをつ ...

さて、第三回が公開されました。  新しい図書館へ、今なら何でも言えます。 9月5~7日の「都市型アートイベントsebone(せぼね)」にて、新しい図書館のアイデアを参加者に書いていただきました。その数985人。 圧倒的に多かったのが、(略)続きはこちら。 ...

↑このページのトップヘ