豊橋市議の長坂です。
コロナ疲れしてきました(ブログ的に)。

※このブログの日付は4月25日ですが、実際の更新は日付が変わった後です。

さて、豊橋市で、4月13日以来、12日ぶり7例目の感染者が確認されました。
7例目(20歳代・男性)(4月25日発表、愛知県476例目)※4月25日更新

患者概要
 国籍:日本
 居住地:豊橋市
 勤務地:豊橋市
 性別:男性
 職業:会社員
 家族構成:独居
 主症状:発熱、頭痛
 基礎疾患:喘息

経過
 4月14日(火) 出勤
 4月15日(水) 自宅
 4月16日(木) 自宅。夕方、発熱38℃
 4月17日(金) 市内医療機関A受診。解熱剤処方あり。
 4月18日(土)~21日(火) 自宅(熱は測定していない)
 4月22日(水) 自宅。夜間、発熱38℃
 4月23日(木) 自宅。40℃
  深夜、帰国者・接触者センターへ相談
 4月24日(金) 市内医療機関A受診。37.8℃
  その後、帰国者・接触者外来を受診。自宅待機
 4月25日(土) PCR検査を実施し、陽性と判明。入院

その他
 発症前、2週間以内の海外渡航歴なし。
 発症後の公共交通機関の利用なし。
 検査前に受診した医療機関Aにおいては、感染防御対策が十分にとられていたことを確認しています。
 行動歴、濃厚接触者については、現在調査中です。
https://www.city.toyohashi.lg.jp/41805.htm
現時点において、感染経路は明らかでないようです。



昨日のブログの冒頭で少し触れましたが、
豊橋市では4月30日まで、特別定額給付金(10万円)について「配偶者からの暴力を理由に避難している方」からの申請を受け付けています。
配偶者からの暴力を理由に避難している方への特別定額給付金について

配偶者からの暴力を理由に避難している方の特別定額給付金担当窓口(申請書提出窓口)
市民協創部市民協働推進課
豊橋市今橋町1番地(豊橋市役所西館4階)
電話番号 0532-51-2188
申出期間 4月24日~4月30日 
     午前8時30分~午後5時15分
     ※土日祝日は午前9時~午後4時
https://www.city.toyohashi.lg.jp/42060.htm

下記は、国(総務省)のチラシです。テキストでも一部を抜粋します。
200425_000684584_01
200425_000684584_02

配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援

◎配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、裏面に記載の手続きをしていただくと、以下の措置が受けられます。
  1. 世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。今お住いの市区町村に申請を行っていただきます。
  2. 手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。
【対象となる配偶者からの暴力を理由に避難している方の要件】
次の1.~3.のいずれかに該当する方
  1. 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
  2. 婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の確認書が発行されていること
  3. 令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

配偶者からの暴力を理由に避難している方の申出の手続き

申出期間中(令和2年4月24日から4月30日まで)に、今お住まいの市区町村の特別定額給付金担当窓口へ「申出書」を提出してください。
 ※「申出書」は、配偶者からの暴力を理由に避難していることを申し出るものです。
 ※「申出書」は、お住まいの市区町村窓口のほか、婦人相談所や総務省ホームページなどで入手できます。
 ※令和2年4月30日を過ぎても、「申出書」を提出することはできます

◎「申出書」には、配偶者からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、次の書類のいずれかの添付が必要です。
  • 婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書
  • 保護命令決定書の謄本又は正本
 ※ 同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。
 ※ 令和2年4月28日以降に今お住まいの市区町村に住民票を移し、住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置を受けている方は、その旨を申し出れば市区町村において確認がとれるため、上の書類は必要ありません。

◎「申出書」に基づき、住民票がある市区町村へ連絡しますが、「申出書」に記入された、今お住まいの住所等の情報は知らせません。

◎特別定額給付金の申請手続きは、申出手続きとは別に行う必要があります。

◎詳細につきましては、今お住まいの市区町村にお問い合わせください。

総務省特別定額給付金室作成
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

更に国(内閣府)が、新たなDV相談窓口を開始しました。
内閣府 DV相談+(プラス)
国が設置するDV相談窓口が新たに「DV相談+(プラス)」として開始しました。
メール    24時間受付
電話     午前9時から午後9時(4月29日から24時間受付
       0120-279-889
チャット相談 正午~午後10時

DV相談+(内閣府) https://soudanplus.jp/
豊橋市 https://www.city.toyohashi.lg.jp/7829.htm 
上記の豊橋市サイト内に、豊橋市や愛知県、公的機関の相談先も記載があります。

他方、残念ながら10万円の給付金を装った詐欺が始まっています。
国(総務省)や警察も、注意喚起をしています。
200425_000684021_01
それ、給付金を装った詐欺かもしれません!
「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください!

特別定額給付金に関して
■ 市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
■ 市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。

※ 今般、政府予算案において決定された「特別定額給付金」については、住民の皆様へご連絡や給付を行う段階ではありません。
※ 具体的な給付の方法等が決まり次第、速やかに広報いたします。
※ 現時点で、市区町村や総務省などが、住民の皆様の世帯構成や、銀行口座の番号などの個人情報を電話や郵便、メールでお問合せすることはありません。

ご自宅や職場などに市区町村や総務省などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、お住まいの市区町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

総務省 警察庁 令和2年4月
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html 
くれぐれも、ご注意お願いいたします。



続いて、住宅家賃の支援制度(住居確保給付金)です。

こちらは既存の制度ですが、対象者が拡大されました。
また、これからより条件がゆるくなる見込みです。
生活苦で住まいを失うおそれがある人らを対象に、自治体が家賃相当額を原則3カ月分、家主に支払う「住居確保給付金」について、厚生労働省が給付の要件を緩和する。30日から当分の間、「求職活動をする」という支給の条件を撤廃する。新型コロナウイルスの影響による休業などで収入が減ったものの、失業はしていないという人も申請できるようになる。(略)

厚労省は4月以降、給付金の条件を段階的に緩和している。20日には「離職・廃業から2年以内」という条件に限らず、職はあっても休業などで減収した人も申請できるようにした。さらに今回、「失業してハローワークに登録して求職活動を続けること」という条件をなくすことにした。

 - 在職中の収入減も対応 住居確保給付金が一段の要件緩和:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASN4T1FS7N4SUTFL00P.html 
下記チラシは豊橋市サイトより(ハローワーク要件はまだ反映されていません)。
200425_jyuutakukakuhokyuukinnannnai_01
https://www.city.toyohashi.lg.jp/item/23349.htm 
使える方、ぜひ豊橋市役所へご相談、ご利用をお願いします。
連絡先 福祉部 生活福祉課
 所在地/ 〒440-8501 愛知県豊橋市今橋町1番地(豊橋市役所 東館1階)
 電話番号/ 0532-51-2313
 e-mail/ seikatsufukushi@city.toyohashi.lg.jp


最後に、公園利用について、愛知県が「お願い」を出しました。
新型コロナウイルス感染症対策に係る「公園利用のお願い」について
 大型連休に向け、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、公園の利用に際し、県民の皆様にお願いする事項を以下のとおりまとめました。

 公園で散歩などを行うことは、健康維持のために必要なことですが、密を避けた利用などの取組を積み重ね、少しでもご自身への感染を防ぎ、大切なご家族や地域で暮らす皆様への感染拡大を防ぐため、一層のご協力をお願いいたします。

公園を利用される皆様へ
 公園を利用される県民の皆様へのお願いは以下の3つです。
  1. 少人数
  2. 混雑を避ける
  3. 人と人との距離を適切にとる
※散歩やジョギングなども、少人数で行っていただき、すいている時間、すいている場所を選んでご利用ください。また、ご利用の際には、人と人との距離を適切にとることを守ってください。
https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/kouenriyou-onegai.html
そして、豊橋市も葦毛湿原・豊橋自然歩道や、表浜海岸へ訪れることの自粛お願いを始めました。
葦毛湿原
新型コロナウイルスの感染が拡大していることに伴い、令和2年4月16日に全国を対象とした「緊急事態宣言」が発令されたことを受け、不要不急の外出自粛の観点から、当面の間、葦毛湿原・豊橋自然歩道へ入場・入山を控えてください

湿原や自然歩道の利用を皆さんが自粛することで、他人への感染や自分への感染を防ぎ、感染拡大を押さえることが出来ます。ウイルスから多くの命を守るためにも不要不急の外出自粛を強く強くお願いいたします。
https://www.city.toyohashi.lg.jp/6569.htm
表浜海岸への来訪自粛について New! 2020年4月24日

新型コロナウイルスの感染が拡大していることに伴い、令和2年4月16日に全国を対象とした「緊急事態宣言」が発令されたことを受け、不要不急の外出自粛の観点から、当面の間、海岸への来訪を控えて頂きますようお願いいたします

海岸でのレジャーを皆さんが自粛することで、他人への感染や自分への感染を防ぎ、感染拡大を押さえることが出来ます。ウイルスから多くの命を守るためにも不要不急の外出自粛を強く強くお願いいたします。
https://www.city.toyohashi.lg.jp/item/75541.htm
ぜひご協力をお願いいたします。

では!