豊橋市議の長坂です。
インターナショナルでなく、内向きです。

さて、「一般社団法人ユースデモクラシー推進機構」が、オンライン署名サイト「change.org(チェンジ・トッド・オルグ)」で、開始された以下の署名活動について、賛同者として名を連ねました。
香港の行政長官に対する日本国の意思表示として「逃亡犯条例を可決させないこと」及び「非暴力デモに対して暴力を用いた鎮圧を行わないこと」を外務大臣が申し入れするように求めます!

発信者:一般社団法人ユースデモクラシー推進機構 宛先:河野太郎外務大臣
今、香港が大変な状況になっています。


私たち日本人にできることは多くありませんが、民主主義国である日本国としての意思表示を外務大臣を通して香港政府に伝えることは可能です。

民主的選挙で選ばれた全国各地の現職議員や、選ばれたことのある元職議員が続々とこの署名活動に賛同の意を表明しています。

この署名を通じて、次は主権者であるあなたの意思表示をしてください。

***

・香港政府は現在中国本土に容疑者の引き渡しを行う条例の可決を進めています。中国側が香港にいる中国にとって不都合な人々を捕まえることが可能になり、彼らに対して不透明かつ不公平な審判を出す可能性があります。

・この問題は香港人だけの問題ではありません。これまで多くの外国人がスパイ容疑をかけられ中国本土で拘束されていますが、同じことが香港で起こる可能性があります。実際に中国本土では伊藤忠の社員がスパイ容疑で拘束されています。

・一人の身体が拘束されるだけではなく、それが外交カードとして使われる可能性があります。HUAWEI幹部のカナダでの逮捕への報復のために中国本土ではカナダ人が多く拘束されています。

・この条例に対し日本が黙っていることは日本が言論の自由の終わりを黙認していることと同じです。今回は香港で100万人以上が集まるデモが行われましたが、100万人以上も集まったのにも関わらず香港政府は引き続き法律の可決を予定しています。この法律を認めさせることは民意無視をさらに進めることにつながり、さらに中国本土への犯罪者引き渡しによって言論の自由への直接的制限を引き起こしてしまいます。これは日本と香港が共通して持っていた価値観を議論なく壊す行為であり、日本は民主主義国家としてそれを許してはなりません。

・各国は既に動いています。米国国務省は「重大な懸念」を示し、EUの香港事務所も抗議を表明。英国とカナダの外相は連名で自国民への影響を憂慮すると発表しています。

・したがって本署名を通じて、香港の行政長官に対する日本国の意思表示として「逃亡犯条例を可決させないこと」及び「非暴力デモに対して暴力を用いた鎮圧を行わないこと」を外務大臣が申し入れするように求めます。

***

◆発起人
仁木 崇嗣(一般社団法人ユースデモクラシー推進機構代表理事)

◆賛同者一覧 ※敬称略・賛同受付順
(以下略)


署名活動のスタートは、香港の新聞にもご掲載。

状況は、このあたりの記事が詳しいです。
香港「100万人デモ」に見る、中国によるアジア覇権の脅威の捉え方(山本一郎) - Y!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20190610-00129599/
敢えて無残な写真をこのブログで掲載するのは控えます。

ツイッターで「香港」「香港デモ」「香港加油」などで検索されてみてください。
https://twitter.com/search?f=images&vertical=news&q=香港
https://twitter.com/search?f=images&vertical=news&q=香港デモ
https://twitter.com/search?f=images&vertical=news&q=香港加油
※「加油」は「頑張れ」の意味



きっかけは6/13午前2時過ぎに、友人であり前日の署名をはじめた「一般社団法人ユースデモクラシー推進機構」代表理事の仁木崇嗣さんから「賛同者として名前を連ねてほしい」旨のメッセージをいただいたことです。

このメッセージをいただくまで、本件についてぼくの関心はそこまで高くありませんでした。

「年金2000万円問題」や「参議院議員選挙」、あるいは「高齢者交通事故」など国内に目が向いていました。

しかし、このようなご相談をいただいたので「賛同」するかしないか、判断しないといけない。
「内政干渉」ではないか、とかも。

朝までいくつかの記事やネットの情報などを拝見し、翌朝に、
「賛同者に名を載せていただいたOKです」というご返信をしました。



東日本大震災のときもそうでしたが、何かのきっかけで社会課題への関心は高まります。
今からでも遅くない。冷やかしでいいから、誰もが一度は東北へ行くべきたった一つの理由。 - 愛知豊橋市長坂なおと のblog
http://nagasakanaoto.blog.jp/140311_2.html
今回は、仁木さんのメッセージと、自身が賛同者として名を連ねることにOKしてから、
香港に対する関心がとても高まっています。仁木さん、ありがとうございます。

署名もためらわれる方は、このブログでも署名サイトでも、
他の香港に関する投稿でも、それをシェアくださるだけでもOKです。

このデモが、負の歴史、世界史の闇、にならないことを切に祈っています。

では。