豊橋市議の長坂です。
スマホが「令和」と変換してくれません。

さて、市議2期目になって初の定例会、そして一般質問の日程が決まりました。

今回の質問者は18人、抽選でぼくは17番目になりました。

6月5日(水)の5番目、
質問開始時刻はおそらく早ければ14時頃、
遅いと15時過ぎになると思われます。



今回は大きく2つ、

1.次の時代を見据えた第6次総合計画策定への認識について

2.新アリーナを含む屋内外の文化・スポーツ施設、及び、それらが立地する公園等の在り方と今後の方向性について

を聞きます。

1.の「総合計画」について、補足を。
「総合計画」とは、豊橋市の様々な計画の中で、最上位に位置づけられる計画です。

10年期間でつくられており、現在の「第5次」総合計画は、2020年度まで。
そのため次の「第6次」総合計画を、今年来年と2年かけてつくっていく予定です。



質問項目をより詳しく。

1.次の時代を見据えた第6次総合計画策定への認識について
(1)人口減少への対応について
ア.子育て・教育施策の充実について
イ.立地適正化と公共施設・インフラの節減について
ウ.Uターン・移住・関係人口の増加策について
(2)科学技術への対応について
ア.自動運転技術への対応について
イ.ビッグデータ、AI、RPAなどの活用について
ウ.ロボティクスの活用について
エ.民間企業と連携した社会実験・実証実験等について
(3)市民や民間の提案と力の活用について
ア.女性や中高生・若者・子育て世代の意見の総合計画への反映について
イ.市民や民間からの提案・公募の受け入れ拡大について
ウ.創業や就農、新商品や新サービスを含む新事業開発の増加策について


2.新アリーナを含む屋内外の文化・スポーツ施設、及び、それらが立地する公園等の在り方と今後の方向性について
(1)平成27年12月22日福祉教育委員会での答弁「屋内施設の在り方ということを、ことし、来年で早急に検討していきたいというように思っています。その上で、その道筋を示していきたい」への認識と今後の対応について

(2)平成31年3月22日総務委員会での答弁「新アリーナの建設については、寄附採納の議決をもって決まると考えておりますので、屋内施設の在り方調査について、議決までにお示ししていきたい」について
ア.「屋内施設の在り方調査」の対象施設など概要とスケジュールについて
イ.「屋内施設の在り方調査」の結果を、基本協定などの新アリーナ方向性や関連施策に、どのように反映させるのか、について

(3)平成27年12月22日の福祉教育委員会資料「豊橋公園・豊橋総合スポーツ公園整備の方向性について(案)」の現在の位置付けについて
(3)の「豊橋公園・豊橋総合スポーツ公園整備の方向性について(案)」は、下記URLからPDFをご覧いただけます。
http://www.city.toyohashi.lg.jp/secure/54866/豊橋公園・豊橋総合スポーツ公園整備の方向性について(案).pdf



ぜひ、市議会の傍聴や、インターネット中継をご覧いただければ幸いです。

(傍聴)
拙ブログ http://nagasakanaoto.blog.jp/170426.html
市議会サイト http://www.city.toyohashi.lg.jp/8124.htm

(インターネット中継)
http://www.toyohashi-city.stream.jfit.co.jp/

では!