豊橋市議の長坂です。
印象深い5人戦隊は、ジュウレンジャーです。

お知らせ
1月20日(日)14時半~、活動報告会を開催します。
181127ss_181112_ura
"来てください!1月20日(日)豊橋だいすき活動報告会3 in 旧駅前文化ホール!"
http://nagasakanaoto.blog.jp/181127.html
お知らせおわり


さて、7月10日付けの東愛知新聞で、次のような記事が出ながらも、なかなかその全候補者が見えてこなかった愛知県議会議員選挙(豊橋市選挙区)、
来春の県議選 豊橋市選挙区の展望
http://www.higashiaichi.co.jp/news/detail/3188
予想される主な顔ぶれは計8氏。具体的な名前が「?」のケースはあるものの、「8の5」だ。

出馬が予想されている主な候補予定者は丹羽洋章(自民)浅井由崇(新政あいち)下奥奈歩(共産)の現職3氏。

「現職のうち自民の鈴木孝昌氏は勇退の見通し公明の渡会克明氏は(定年により)党本部で後継者へのバトンタッチが正式に決まった」。ベテラン豊橋市議の解説だ。

新たに挑戦するのが、今年4月までに名乗り出ていた杉浦正和中村竜彦の両豊橋市議。これに加えて坂柳氏が7月になって参戦を表明した。

渡会後継」も含めて、これで7氏。

同市議はさらに解説する。「立憲民主の候補者が浮上するのは必至だ。5人区には候補者を擁立するのは立憲の方針。立憲幹部が繰り返し明言している。女性候補の擁立を準備しているようだ」
ようやく「具体的な名前」が出揃ってきました。
上記の記事に沿って、続けます。



まず現職5名のうちの3名、丹羽洋章さん(自民)、浅井由崇さん(新政あいち)、下奥奈歩さん(共産)は、そのままの様子。

他方記事にて、ご勇退が見込まれていた現職の鈴木孝昌さん(自民)、渡会克明さん(公明)について。

自民の鈴木さんは、12月14日に開催された杉浦正和さんの「決意の1,000人集会」にて、鈴木さん御本人の口から、その旨を申していました。

公明の渡会さんは、次の東日新聞記事により、後継者のお名前と合わせて、明確に。
来年春の県議選の豊橋市選挙区に公明党から公認された荻原宏悦(ひろよし)氏(54)が20日、引退する同党県議の渡会克明氏とともに東海日日新聞社を訪れ、立候補の意思を明らかにした。
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=71410


一方、自民の新人、市議会から県政への転身を表明していた、杉浦さん、中村さん、坂柳さんの3名については、この12月になって坂柳さんの「出馬断念」が報じられました(東日新聞)
来春の県議選に豊橋市選挙区(定数5)から立候補を検討していた自民党の坂柳泰光市議は18日夕、東海日日新聞社を訪れ、「総合的に判断して県議選には出ないと判断した」と述べ、出馬を断念したことを明らかにした。
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=71979
杉浦さん、中村さんについては「断念」の話を見聞していないため、引き続きと思われます。



最後に「立憲民主の候補者」について

立憲民主党サイトに、12月18日付けで掲載された
「○2019年統一地方選挙における追加公認・推薦について(別紙参照)
 統一地方選追加公認推薦_20181218.pdf」
にて、そのお名前が明らかに。
統一地方選における候補者の公認・推薦決定について (公認候補者33名)
(略)
愛知  愛知県議選(豊橋市)  服部文一(新人・52歳)  自営業(電気工事業)

前回の2015年に維新から県議選に出馬され、惜しくも落選された服部さんが、改めて立憲民主党から。



というわけで登場順にまとめると、
  • 丹羽洋章さん(自民)現職
  • 浅井由崇さん(新政あいち)現職
  • 下奥奈歩さん(共産)現職
  • 荻原宏悦さん(公明)新人
  • 杉浦正和さん(自民)新人
  • 中村竜彦さん(自民)新人
  • 服部文一さん(立民)新人
の7名で、豊橋市選挙区の定員5名を争うことになりそうです。

上から2人目の浅井さんについては、東愛知新聞に倣って(新政あいち)と記載しましたが、浅井さんは国政政党では「国民民主党」に所属されているようです。
https://www.dpfp.or.jp/member/1653

一方、立憲民主党サイトで公認の服部さんについては「新政あいち」サイトでは、そのお名前を見つけることはできなかったので、(立民)としています。

(お知らせ再掲)
"来てください!1月20日(日)豊橋だいすき活動報告会3 in 旧駅前文化ホール!"
http://nagasakanaoto.blog.jp/181127.html

では!