豊橋市議の長坂です。
不登校大学生ってどのくらいいるんでしょう。

さて、上野動物園のこんなツイートが話題です。
同様のツイートは、2年前の同じ時期にも鎌倉図書館のものが話題となりました。
なぜこの時期に、このようなツイートがされ、そして話題になるのか。
それは、18歳以下の自殺のピークが夏休みが終わり新学期を迎える9月1日だからです。


そうは言っても、四角四面なことを言えば、
特に小中学は「義務教育」であり、
大人はこどもを小中学校に「通わせる」義務があります。
※子どもにあるのは学校に通う「権利」であり、通うことは「義務」ではない。


上野動物園にしても、鎌倉市図書館にしても、
都や市が運営する公共施設であるため、
このようなメッセージを発信することは、相当な決断が必要なものです。

逆から見れば、夏休み明けの自殺が、
それほど深刻とも言えます。



ぼくも夏休みが明けても、
学校に行けなかったことがあります。

それは大学院でのことです。

結果として、そのまま学校に行くことなく、
年度末に退学しました。

そして4月から就職し、社長ひとり社員ひとり、
という小さな会社で、働き始めたため、
「長坂は大学院をやめて、ベンチャーに入った」
と武勇伝のように話されることがありますが、
全然そんなことはありません。

単純には、研究室の先生がとても厳しく、
(=高いレベルを求めてくるの意)
ぼくはその水準に応えられず、
とても修士論文を書くことができない、
あるいは就職活動と両立できない、
と思い、夏休みからそのまま、
行かなく(行けなく)なりました。

特に連絡もなかったので、
音信も不通だったと思います。
研究室の先輩とかとmixiとかではつながっていたので、
たぶん間接的に安否は伝わっていたかもしれませんが。

自己弁護のように言えば、
ぼくのひとつ下にいた大学4年生も
3人中2人がいなくなってしまったので、
そのくらいの厳しさでした。
(逆に卒業論文を書き上げた残りひとりを
 今でも尊敬しています)

学費の面や、心配をさせたなど、
親にはとても迷惑をかけたと思っていますが、
その後の学校に行かなかった半年や、
あるいは4月からの1年間が、
今の自分に対してものすごく尾を引いているかというと、
そんなことはありません。もちろん、
「あの時間は決して無駄ではなかった」
「あのときがあるから、今のぼくがある」
などと必要以上に、ポジティブな評価もできませんが。



「学校になんて行かなくていい」
「学校をやすんでもいい」
と積極的なメッセージを打ち出す勢いなく、
「そりゃ学校に行った方がいい」
と思っていますが、そんなことは
当時のぼくだってわかっていて、
それでもやっぱり、
行かなかった(行けなかった)んですわ。

退学して、就職したあとで、
その厳しい先生の元にご挨拶にいきましたが、
それもすごく緊張して、気が重かった気がします。

間が空けば空くほど、気が滅入るものです。

先生はよくもわるくも気にしていない様子
(よくあることのような感じ)でしたが。



なんかとりとめないですが、
そりゃ、ぼくだって学校行けなかったんだから、
そういう人、他にもいるよね、という感じです。

豊橋市にも、動物園も図書館もあります。
他にも、美術博物館もあるし、
動物園の中に自然史博物館もあるし、
りすぱ(温水プール)もあります。

もし行ったとしても、どこも特別に歓迎することなく、
公共施設らしく淡々と、いい感じに無愛想に、
いつも通りに職員は対応してくれることでしょう。

市役所最上階の展望スペースもなかなかの穴場ですし、
市役所までいらっしゃるのなら、ぼくでよろしければ、
タイミング合えば、議場見学くらいご案内できると思います。

では。