豊橋市議の長坂です。
学生時代、スキージャンプを半年だけしました。

さて最近、ニュースで豊橋を目にすることが増えましたが、
またしても夕方のニュースで豊橋が登場。
豊橋ドローン飛行隊結成

http://hicbc.com/news/detail.asp?id=00044156
小型無人機ドローンを使って、災害時に情報収集などを行う「ドローン飛行隊」が、愛知県豊橋市に発足しました。

これは、4日の台風3号による被害状況をリアルタイムで確認している様子。

現場を撮影しているのはドローンです。

熊本地震では、被害状況を調べたり、御嶽山の噴火の後も行方不明者を捜索するなど、災害時に利用が広がっているドローン。

愛知県内では豊田市と豊川市にドローンを活用する部隊があり、6日、豊橋市でも新たに「ドローン飛行隊」の発足式が行われました。

発足式では、佐原光一・豊橋市長が、隊員に辞令を交付し、「いざという時に人が入れない現場はたくさんあり、ドローンの活用は大きな力になる」とあいさつしました。

部隊のメンバーは豊橋市の職員17人。

メーカー3社と災害時にドローンを無償で提供してもらう協定を結んでいます。

豊橋市では、南海トラフ巨大地震の際、沿岸部で津波、山間部で土砂災害の被害が想定されていて、今後は、訓練を通じて隊員の操縦技術の向上を目指します。(6日18:39)
今年度の予算にもあった注目案件が、いよいよ始動。
しっかりと訓練を重ね、いざというときには力を発揮してほしいものです。



その一方、フェイスブックでこんな投稿を見つけました。
ここ最近また増えてきたムクドリの対策で鷹匠さんに来て頂いてると聞いてましたが。
バッタリ遭遇。鷹カッコイイー
へ???

そんなの初めて聞きました。
街路樹なら市の担当だけど、どなたがされてるんだろ・・・

と思ったら、翌日に市役所からこんなプレスリリースが。
<ムクドリ対策> 新たな試みをスタート
伝統の技、鷹匠によるムクドリの追い払いを実施。
170708_00
平成6年ごろからまちなかの街路樹などにムクドリが飛来するようになり、様々な対策を実施してきましたが、どれも一時的、限定的な効果にとどまっていたため、平成17年度より街路樹の剪定とネットがけを行ってきました。しかしながら、都市景観上、好ましくない状況であったため、今年度より新たな試みとして猛禽類の鷹を活用したムクドリの追い払いを実施しました。

今回の作業により、一時的にムクドリを追い払うことができましたが、ムクドリにとってまちなかが危険な場所だということを覚え込ませるため、今後も半年程度継続的に実施していきます。

実 施 日 時(報告)
平成29年7月5日(水)、6日(木)19時から22時
※市民の安全確保のため、鷹に刺激を与えないよう、実施日や場所の事前公表は控えさせていただきましたので、ご理解とご協力お願いいたします。
鷹匠といえば、最近スマホのCMで話題ですが、

まさか豊橋にも登場するとは思いませんでした。

※余談ですが、この鷹匠・石橋美里さんは佐賀県武雄市のご出身で、
このロケ地も海外と思いきや、佐賀県内ということです。



というわけで、こちらの鷹さんがこれから半年ほど、
ムクドリ払いのお仕事のため豊橋のまちなかに出没するそうですが、
170708_01
170708_02
周りで騒いだり、フラッシュ撮影したりすると、
鷹さんが驚いてしまうようなので、
見つけても静かに見守りたいと思います。



ちなみに、少し前にドローン vs 鷹さんの動画が話題となりましたが、

今のところ、鷹さんの圧勝のようです。

では!