豊橋市議の長坂です。
最近気になるテーマパークはレゴランドです。

さて、中日新聞(愛知県内版5/27付)にて、
実施した調査を取り上げていただきました。
170527中日blog
汚名返上!? 名古屋「魅力感じる都市」2位 中部の政令、中核市調査
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20170527/CK2017052702000054.html
 - 愛知:中日新聞(CHUNICHI Web) 

より詳しい結果はこちらに。
都市ブランド・イメージ調査(中部版)を実施しました。 
http://nagasakanaoto.blog.jp/170414.html
名古屋は全然「魅力のない都市」 じゃなかった! 
http://nagasakanaoto.blog.jp/170415.html
「住めば都」と「住みたい都」が一致していない話 
http://nagasakanaoto.blog.jp/170416.html
 - 愛知豊橋・長坂なおと のblog


記事中に、
十一市の中から、「魅力を感じる都市」を選んでもらったところトップは金沢市(29・8%)で、僅差で名古屋市(27・8%)が続いた。 逆に、「魅力に欠ける都市」を選ぶ設問では、新潟市(14・8%)がトップ。 二位以下を岡崎市(14・7%)、豊田市(12・6%)、豊橋市(12・0%)が占めた。

また、各市について「買い物や遊びに行きたいか」と聞いたところ、最もポイントが高かったのは名古屋市で、二位は金沢市。 豊橋、岡崎、豊田各市の人気は低調だった。
とあるように、残念ながら豊橋市は魅力的に見られておらず、
その一因として、プロモーションに長けていないということが上げられます。

そんな豊橋の汚名返上・名誉挽回をしてくださる
プロモーション企画を現在、豊橋市役所が募集しています。

補助金額は20万円です。

なかなか魅力的な補助金だと思うのですが、
いかんせんプロモーション下手な面がここでも表れており、
ここ数年の応募状況は、
平成23年度は応募11件、採択5件、
平成24年度は応募9件、採択5件、
平成25年度は応募9件、採択3件、
平成26年度は少ないですが応募2件、採択2件、
平成27年度は応募5件、採択3件

 - 平成28年3月14日 予算委員会答弁
と年々減少傾向であり、芳しくありません。

しかし、逆に言えばこれはチャンス!
穴場です!

応募締切は、6月2日(金)。

昨年度、110周年の市民提案事業に取り組んだ方など、
是非ご検討されてみてはいかがでしょう??

以下、詳細です。
170527_hojokinn2
1. 対象となる団体
所在地を問わず法人格のある団体、任意団体(複数団体で共同で行う場合も可)
例:企業、業界団体、NPO法人、市民グループ、大学、専門学校など(個人は不可)

2. 対象となる事業
対象となるのは、豊橋市のシティプロモーション推進に寄与する事業で、豊橋を多くの人に知ってもらうために行うものや、豊橋市内の人に豊橋のことをもっと好きになってもらうために行うもので以下の2つの条件を満たす事業です。
  1. 平成29年7月15日以降に実施する事業で、平成30年3月31日までに事業を完了し、事業報告と事業収支決算報告を行うことができる事業。
  2. 新たに実施する事業又は既存事業を拡大して実施する事業(既存事業の補助対象となるのは拡大部分のみ)。
※次にあげる事業は対象事業となりません(申請中の事業も含みます。)
  1. 豊橋市から財政的な支援を受けている事業
  2. 豊橋市から財政的支援を受けている団体が行う事業
  3. 2)の団体から財政的支援を受けている団体が行う事業
  4. 豊橋市又は2)3)の団体との共同事業
  5. 公序良俗に反する事業
  6. その他市長が不適当と認める事業

3.対象となる経費
(1)補助の対象となる経費は事業実施に直接かかる経費のうち次の表に揚げるものです。
費目 主なもの
  1. 報償費 講師・専門家等への謝礼等
  2. 旅費 交通費、宿泊費等
  3. 需用費 消耗品費、資材等の購入費、チラシ・ポスター等の印刷製本費等
  4. 役務費 翻訳・原稿料、通信運搬費、保険料等
  5. 使用料及び賃借料 会場使用料、車両・物品・器具等のレンタル・リース料等
  6. その他の経費 その他市長が必要と認める経費
(2)次に揚げるものは補助の対象経費にはなりません。
  1. 団体の運営に関する事務費等の経常的な経費
  2. 団体の事務所等を維持するための経費
  3. 団体の構成員に対する人件費や謝礼
  4. 団体の構成員等による飲食費
  5. その他市長が補助にふさわしくないと認める経費
4.補助金額
  1. 私企業が行なう事業は、補助対象経費の2分の1以内かつ20万円以下
  2. 特定非営利活動法人及び任意団体が行なう事業は、補助対象経費の3分の2以内かつ20万円以下

5.申請方法
平成29年度の募集を開始しました。
6月2日(金曜日)までに以下の書類を作成して、市役所東館6階シティプロモーション課まで持込み又は郵送してください(必着)。
[提出書類]※クリックするとダウンロードできます
昨年書いた110周年市民提案イベントに向けた、
このあたりの記事も、参考になるかもしれませんので、
よろしければご覧くださいませ。
豊橋まちなか規模別イベント会場まとめ 
http://nagasakanaoto.blog.jp/160125.html
補助金の申請書、見られているは企画と◯◯ 
http://nagasakanaoto.blog.jp/160126.html
はじめての補助金申請、実現力を示すコツ
http://nagasakanaoto.blog.jp/160127.html
 - 愛知豊橋・長坂なおと のblog
では!