豊橋市議の長坂です。
一番たくさんいっぱい行ったスーパーはヨーカドーです。

そんなヨーカドーが閉店してしまいました。

閉店セレモニーには、とても多くの人が集まり、
本当に多くの思い出が詰まった場所なんだと感じました。



少しさかのぼって、年末くらいからのヨーカドーツイートをまとめてみました。
ほぼ時系列です。















--2日前(1月7日)---








---1日前(1月8日)---













---最終日(1月9日)---

























170109_172224
ぼくの最後の買い物はクリアファイル。
(ささやかに買い占めました)
170109_172732
最後のレシート。
普段、験担ぎ的なことをしない僕でさえ、

「午後5時24分、ぼくの誕生日と一緒だ」
「消費税が77円、縁起いい」

とか思っちゃうくらいなオセンチモード





---そして、夜---





170109_170415
僕も1200円でネクタイ2本買っちゃいました。

ちょっと色が違うけど、記念に。
「あ、それヨーカドーで買ったやつですね」
とか、言ってもらえたらうれしい。












































店長、最後のご挨拶です。

本当にありがとうございます。

イトーヨーカドー豊橋店、店長のワタナベでございます。
イトーヨーカドーは、豊橋店、愛知県の1号店として、この豊橋の地に、1978年の10月、オープンさせていただきました。

それから38年という、長い間、こうやって営業を続けてこれたのは、ここにいらっしゃる皆さんのおかげです。

歴代の店長、並びにイトーヨーカドー豊橋店に従事した、全ての従業員を代表しまして、お礼を言わせて頂きます。本当にありがとうございました。

(拍手)

38年という時間は、非常に長いものと、実感しております。

小さなお子さんが親御さんの引かれながら、このお店を利用していただき、学校を卒業し、家族を持ち、自分の子どもさんを連れて、このお店に、来ていただいている。

それだけの、時間の長さがあることを、今回のセールをもって、改めて、実感させられました。

うちの従業員の方でも、この閉店の話があって、子どもを頃の写真を持って来てくれた従業員がいます。小さな子どもが笑ってる、その後ろに、もうイトーヨーカドー豊橋店は、写っておりました。

この38年という長い歴史を、改めて、実感し、イトーヨーカドー豊橋店の十四代目の店長として、このお店に着任したのは5年前になります。

少しでも多くのお客様に、ご愛顧いただければと、従業員一同、一生懸命努力してきたつもりです。

(言葉に詰まって、空を見上げる)

(がんばれー!)
(がんばれー!)
(がんばれー!)

ありがとうございます。
このような形で、営業終えるとは、本当に痛恨の極みです。

本当にこのセールの期間、お客様に少しでも感謝を伝えたいと、全従業員が取り組んでまいりました。

そのセール期間中、多くのお客様にメッセージをいただきました。
その数も今日で6000を超えたと思います。

本当にありがとうございました。

(拍手)

「子供の頃から、すべての必要なものを、このお店で買ってきた」と言ってくださってる、お客様がいます。

「結婚される前の旦那様と、ここのお店を待ち合わせの場所で、利用してくれていた」という、お客様がいます。

「お母さんと喧嘩したあと、このお店に寄るのが習慣になっていた」という、お客様もいました。

申し訳ありません!
明日から、その場所が、なくなってしまいます。

全従業員を、代表して、深くお詫びを申し上げます。
本当に申し訳ございません。

豊橋のこの地に来て、少しでも皆様と接することができたのが、私の一生の宝物です。

豊橋のお客様のことは、一生忘れません。
本当に38年間、長い間、ありがとうございました!

(拍手)

本日は、寒い中、本当にありがとうございました!


最終日にヨーカドー行って、
ぐるっと回って、

「あ、はじめてメガネ買ったのもここだ」
「そういえば、はじめてCD買ったものここだ」
「ここの美容室で、大学の合格祝に髪染めてもらったなぁ」

とか、また思い出してしまいました。
170109_203026
ヨーカドーさん、今までありがとうございました。
長い間、お疲れ様です。

ゆっくり休んでください。

では。