豊橋市議の長坂です。
さっき「解散」でニュース検索したらSMAPが、「総選挙」だとAKBがトップでした。
政治離れが深刻です。

さて、11月になって、話題を東京都政から、豊橋市政に変えたら途端にアクセス落ちてかなしいです。
でも、きっと来週になったら豊橋市長選挙期間が始まるので、検索増えると信じて更新します。
豊橋市長選挙、その政策おいくら億円?くしだ真吾さんの場合
 http://nagasakanaoto.blog.jp/161101.html
豊橋市長選挙、その政策仕分けます。佐原光一さんの場合
 http://nagasakanaoto.blog.jp/161102.html
豊橋市長選挙、今回の争点はここ。
 http://nagasakanaoto.blog.jp/161103.html
豊橋市長選挙、「家族の絆」ってなんですか?
 http://nagasakanaoto.blog.jp/161104.html
 - 愛知豊橋・長坂なおと のblog 
さて、この記事は上記の続きです。

現職・佐原さんの提案する政策「元気づくり」「安心づくり」「まちづくり」のうち、今回は3つめの「安心づくり」の17項目について見ていきます。 (数字は「元気づくり」からの通し番です。)

「まちづくり」

7.持続可能なまちづくりを進めます
  • (32)便利で効率的なコンパクトなまちづくりを進めます ⇒ 曖昧
  • (33)まちなか図書館(仮称)とまちなか広場(仮称)を整備します ⇒ 計画中
  • (34)ストリートデザインなどにより魅力的な市街地空間を創ります ⇒ 計画中
  • (35)西駅前の再開発に取り組みます ⇒ 調査検討中
  • (36)幹線バスの利便性向上などにより幹線公共交通網を充実します ⇒ 調査検討中
  • (37)空き家などの遊休資産の適正管理や活用促進を図ります ⇒ 実施中

8.ECOなまちづくりを実践します
  • (38)バイオマス資源利活用施設を整備・運用を開始します ⇒ 整備中
  • (39)再生可能エネルギーの導入を促進します ⇒ 実施中
  • (40)省エネ生活を進めCO2の排出量を減らします ⇒ 実施中
  • (41)資源化センターの再整備を進めます ⇒ 計画中
  • (42)広域的なごみ処理体制をつくりリサイクル率を高めます ⇒ 計画中
  • (43)次世代自動車の普及を促進します ⇒ 実施中

9.新たな東三河の地域づくりを進めます
  • (44)東三河の介護保険の一体化を進めます ⇒ 整備中
  • (45)東三河の広域観光とブランドづくりを進めます ⇒ 調査検討中
  • (46)保健所・児童相談所の広域行政に取り組みます ⇒ 調査検討中
  • (47)主要幹線道路と設楽ダムの早期建設を促進します ⇒ 実施中
  • (48)三河港の整備と機能強化を促進します ⇒ 曖昧
では、今回もそれぞれもう少し細かく見ていきます。



7.持続可能なまちづくりを進めます

(32)便利で効率的なコンパクトなまちづくりを進めます ⇒ 曖昧

そのためにどうするか(何をするか)っていう話です。なので「曖昧」に。

---

(33)まちなか図書館(仮称)とまちなか広場(仮称)を整備します ⇒ 計画中

今年度平成28年度予算にて、「まちなか図書館(仮称)の整備(5781万円)」「まちなか広場(仮称)の整備(5141万円)」が計上されており、現在、実施設計等が作成されています。

---

(34)ストリートデザインなどにより魅力的な市街地空間を創ります ⇒ 計画中

「ストリートデザイン事業費(1020万円)」が予算計上されており、現在、基本計画が作成されています。

---

(35)西駅前の再開発に取り組みます ⇒ 調査検討中

「豊橋駅西口駅前地区活性化推進事業費(380万円)」が予算計上されており、現在、活性化可能性調査が行われています。

---

(36)幹線バスの利便性向上などにより幹線公共交通網を充実します ⇒ 調査検討中

「路線バス利用促進事業費(1145万円)」が予算計上されており、その中で、「路線バス利用促進策検討基礎調査」が行われています。

---

(37)空き家などの遊休資産の適正管理や活用促進を図ります ⇒ 実施中

「空家対策推進費(520万円)」が予算計上され、
  • 空家等対策計画の策定
  • 空家に対する定期的な現場調査
  • 空家解体促進費補助金
  • 空家利活用改修費補助金
などに当てられ、実施されています。



8.ECOなまちづくりを実践します

(38)バイオマス資源利活用施設を整備・運用を開始します ⇒ 整備中

ちょうど先日、現場見学に行ってきました。
平成49年までの約20年の契約で、施設整備費(建設費)約98億円、維持管理運営費約50億円、で現在整備が進んでいます。 来年平成29年度から稼働・運営開始予定です。

---

(39)再生可能エネルギーの導入を促進します ⇒ 実施中

「再生可能エネルギー活用の推進(8427万円)」、「新エネルギー等の利活用の推進(1億1775万円)」が予算計上されています。

主には、「市遊休地に太陽光発電システムを設置」や「家庭用エネルギー設備等導入費補助金」です。

---

(40)省エネ生活を進めCO2の排出量を減らします ⇒ 実施中

「省エネルギーの推進(1263万円)」が予算計上され、
  • 節電・省エネチャレンジキャンペーンの実施
  • クールチョイスの推進
  • うちエコ診断の実施
  • 中小企業省エネ対策の推進
  • 緑のカーテン普及啓発事業の実施
などが展開されています。

---

(41)資源化センターの再整備を進めます ⇒ 計画中

「資源化センター施設整備の推進(310万円)」が計上されており、今年度は「環境影響評価方法書の策定」が行われます。 今後、施設整備実施設計が作成され、平成30年度から整備(工事)開始の予定です。

---

(42)広域的なごみ処理体制をつくりリサイクル率を高めます ⇒ 計画中

「豊橋田原ごみ処理広域化計画」が平成26年度に策定されており、平成34年度の稼働に向けて、現在より具体的な計画づくりが行われています。 ひとつ上の資源化センターの再整備もその一環です。

 - 豊橋田原ごみ処理広域化計画の策定について|豊橋市
 http://www.city.toyohashi.lg.jp/item/18059.htm

---

(43)次世代自動車の普及を促進します ⇒ 実施中

「次世代自動車の利用促進(1956万円)」が、計上されています。

電気自動車や燃料電池自動車、その充電設備に対する「次世代自動車購入等補助金(906万円)」と、「電動アシスト自転車購入補助金(1050万円)」です。



9.新たな東三河の地域づくりを進めます

(44)東三河の介護保険の一体化を進めます ⇒ 整備中

「東三河広域連合介護保険事業負担金(1億3208万円)」が予算計上されており、
東三河広域連合による平成30年4月からの介護保険者統合に向け、介護保険業計画の策定や介護保険システムの開発などの経費に対して負担 
ということ。

---

(45)東三河の広域観光とブランドづくりを進めます ⇒ 調査検討中

豊橋市でなく、東三河広域連合の予算に「広域行政推進事業費(2453万円)」が計上されています。
その中に「東三河魅力発信事業」「アンテナショップ実証実験業務委託料(1455万円)」などがあります。

また、現在策定中である、東三河広域連合の地方創生総合戦略の骨子(案)には、「東三河地域ブランドの創出」「地域外に向けた戦略的なプロモーション」などの記載があります。

---

(46)保健所・児童相談所の広域行政に取り組みます ⇒ 調査検討中

平成27年10月発行の東三河広域連合のパンフレットによると、権限委譲事務として、「児童相談所運営(平成27年度から調査研究)」「保健所運営(平成27年度から調査研究)」の記載。

---

(47)主要幹線道路と設楽ダムの早期建設を促進します ⇒ 実施中

「名豊道路建設推進協議会負担金等(214万円)」「設楽ダム水源地域 "整備" 事業負担金(2435万円)」「設楽ダム水源地域 "対策" 事業負担金(3379万円)」が、予算計上されています。

ちょうど今月頭に陳情に行ったようです。
名豊道路の整備など陳情
 - 県知事らへ9項目/東三河市町村議会議長協議会
---

(48)三河港の整備と機能強化を促進します ⇒ 曖昧

「港湾関連対策事業の推進(3179万円)」が、予算計上されているものの、「整備」「機能強化」が何のことなのかよくわからないので、「曖昧」に。

今年度、「三河港活性化可能性調査事業負担金(50万円)」として、
研究会を発足し、寄港による経済効果が高いクルーズ船の三河港への誘致について可能性を調査、検討
とありますが・・・、クルーズ船!??



というわけで、こちらの公開討論会の前に、ひと通り確認しようと足早の更新になりました。
161101_01
過去5つの記事を通して、もしぼくがコーディネータとして質問するなら、この辺りをお聞きします。

>くしださん、佐原さん両者に対して
ともに「給付型奨学金」を上げているが、金額・人数・条件(所得・成績・進学先)などの制度と予算規模、その財源の捻出をどのように掲げているか。
ともに「若者(ワカモノ)」を大きく取り上げているが、彼らが豊橋に居続けたり、UIJターンするために豊橋はどんなまちになるべきで、そのためにはどんな施策を展開するべきか

>くしださんに対して
「子ども医療費を18歳まで無料」「小中学校給食費無」「国民健康保険税の1世帯1万円の引き下げ」だけでも、年24億円がかかる、シティプロモーションと産業誘致の見直しだけでは足りないが、その財源をどのように捻出するか。

>佐原さんに対して
メイカーズ・ラボを含む、サイエンス・クリエイトとサイエンス・コアの今後について、どのようにお考えか。
農業教育機関の連携先大学はどこで、それは学部学科(あるいは研究科専攻)の設置なのか、学位取得につながらない社会人向けの「コース」の設置なのか
「自動車のまち」づくりとは何か。 トヨタのイメージが強いのに、それは適切か。
AI時代に対応した学習環境とは何か
第2アリーナの場所、規模と、運営をその負担も含めどのようにお考えか
「仕事と子育てを両立できる環境を整え」る、とは具体的にはどういうことか
空き家の活用促進について、空き家バンクの利用がまだまだとても少ないが、今後の展開は?
児童相談所の運営には、年10億円以上がかかるが、そこまでして権限委譲をするメリットはなにか(県のままじゃダメなのか)。 その財源は。
公共施設の総量の抑制とは、どのくらいが適正と考えているか、その優先順位は。


公開討論会が楽しみです。

では!