豊橋市議の長坂です。
最近「ユアタイム」の市川紗椰さんが気になります。
(タモリ倶楽部もいい感じです)

さてこの週末、豊橋では豊橋まつりでしたが、岡崎では市長・市議の選挙がありました。
市長選の結果は、各紙が大きく取り上げていますし、僕も市議ですので、敢えて市議選の結果についてまとめてみます。

今回、特にまとめてみたいと思ったのは、定数37に対して、新人25人・現職31人と激戦で、特に新人の数が多く、新人の動向がわかりやすいと思ったからです。

要点をお伝えすると、

◎立候補するなら早い(若い)方がいい
◎新人と現職で当選率の差は大きい
◎政党等の応援なく当選するのは更に大変



投票状況
 ・有権者数: 304,727人
 ・投票者数: 166,684人
 ・投票率: 54.70%

得票順
 ・井町よしたかさん 1期 40歳 - 5057票 -民
 ・いそべ亮次さん 新人 53歳 - 4947票
 ・柴田としみつさん 2期 54歳 - 4891.042票 -民
 ・原田のりつぐさん 4期 67歳 - 4883票 -民
 ・鈴木しずおさん 1期 51歳 - 4831.4票 -自
 ・小田たかゆきさん 新人 32歳 - 4776票 -岡
 ・太田としあきさん 4期 63歳 - 4743票 -民
 ・鈴木ひできさん 1期 54歳 - 4697.167票 -民
 ・ののやま雄一郎さん 新人 46歳 - 4377票 -岡
 ・加藤よしやさん 新人 46歳 - 4068.98票

 ・かとう学さん 3期 60歳 - 3970.804票 -民
 ・くろやなぎ敏彦さん 4期 61歳 - 3850票 -公
 ・杉山とものりさん 新人 39歳 - 3817票 -岡
 ・野島さつきさん 新人 55歳 - 3723票 -公
 ・鈴木まさ子さん 5期 55歳 - 3699.432票 -共
 ・内田みのるさん 1期 67歳 - 3662票 -自
 ・きまた昭子さん 7期 67歳 - 3596票 -共
 ・はたじり宣長さん 1期 47歳 - 3533票 -公
 ・荻野ひでのりさん 新人 62歳 - 3510票
 ・杉浦ひさなおさん 1期 40歳 - 3469.88票 -自

 ・加藤よしゆきさん 2期 58歳 - 3442.213票 -自
 ・新免はるかさん 新人 32歳 - 3365票 -共
 ・神谷としひろさん 2期 66歳 - 3331.062票 -自
 ・山崎やすのぶさん 3期 59歳 - 3282.025票 -自
 ・いでせ絹子さん 3期 64歳 - 3183票 -公
 ・野本あつしさん 新人 40歳 - 3179.745票
 ・いむら伸幸さん 1期 51歳 - 3108票 -民
 ・やなせ太さん 2期 54歳 - 3048票 -自
 ・はちすか喜久好さん 3期 64歳 - 3009票 -自
 ・中根たけひこさん 1期 58歳 - 2979票

 ・大原まさゆきさん 3期 44歳 - 2976票
 ・三宅けんじさん 4期 50歳 - 2940票 -民
 ・小木曽としひろさん 1期 54歳 - 2936.937票
 ・えむら力さん 新人 70歳 - 2914票
 ・山崎けんしんさん 3期 60歳 - 2851.974票 -自
 ・ませぎ誠さん 7期 72歳 - 2691.882票 -愛
 ・みうら康宏さん 1期 43歳 - 2587票

---ここまでで定員の37名---

 ・田口正夫さん 3期 62歳 - 2585票 -自
 ・小松けんじさん 新人 67歳 - 2531票
 ・柳けんいちさん 新人 36歳 - 2381票 -岡

 ・吉口二郎さん 2期 59歳 - 2227票 -自
 ・なわ史朗さん 新人 37歳 - 2161票
 ・川上まもるさん 1期 66歳 - 1836票 -自
 ・天野じゅんじさん 新人 36歳 - 1812票
 ・とみた武司さん 新人 58歳 - 1787票
 ・横山ゆうふうさん 1期 44歳 - 1626票
 ・柏原文男さん 新人 60歳 - 1345票
 ・吉田あたろうさん 新人 45歳 - 1084.254票
 ・しばた由美子さん 新人 55歳 - 1029.957票 -幸
 ・いけのや芳男さん 新人 50歳 - 942票

 ・佐藤のりひろさん 新人 75歳 - 902票
 ・野口えみこさん 新人 63歳 - 722票
 ・新美貴大さん 新人 41歳 - 599票
 ・杉浦一樹さん 新人 30歳 - 494.119票
 ・滝沢のぼるさん 新人 58歳 - 486票
 ・ふじえ誠さん 新人 64歳 - 360.117票

 -自: 自民清風会(自民系会派)所属
 *議長・副議長のため離脱している方を含む
 -民: 民政クラブ(民進系会派)所属
 -公: 公明党
 -共: 日本共産党
 -岡: チャレンジ岡崎(政治家グループ)推薦
 -愛: 日本一愛知の会(地域政党)推薦
 -幸: 幸福実現党

---以上、候補者56名---


<新人/現職別>
 ・新人: 10人/25人 = 40%
 ・現職: 27人/31人 = 87%
 - 1期: 10人/12人 = 83%
 - 2期: 4人/5人 = 80%
 - 3期: 6人/7人 = 86%
 - 4期: 4人/4人 = 100%
 - 5期: 1人/1人 = 100%
 - 6期: 0人/0人
 - 7期: 2人/2人 = 100%


<年齢別>
 ・30代: 3人/7人 = 43%
 - 新人: 3人/7人 = 43%

 ・40代: 8人/11人 = 73%
 - 新人: 3人/5人 = 60%
 - 現職: 5人/6人 = 83%

 ・50代: 13人/18人 = 72%
 - 新人: 2人/6人 = 33%
 - 現職: 11人/12人 = 92%

 ・60代: 11人/17人 = 65%
 - 新人: 1人/5人 = 20%
 - 現職: 10人/12人 = 83%

 ・70代: 2人/3人 = 67%
 - 新人: 1人/2人 = 50%
 - 現職: 1人/1人 = 100%


<会派・政党等別>
 ・自民清風会(自民系会派):  9人/12人 = 75%
 *全員現職

 ・民政クラブ(民進系会派):  8人/8人 = 100%
 *全員現職、うち2人は民進党

 ・公明党:  4人/4人 = 100%
 *現職3人、新人1人

 ・日本共産党:  3人/3人 = 100%
 *現職2人、新人1人

 ・チャレンジ岡崎:  3人/4人 = 75%
 *全員新人

 ・日本一愛知の会:  1人/1人 = 100%
 *現職

 ・幸福実現党:  0人/1人 = 0%
 *新人

 ・上記以外の「無所属」:  9人/23人 = 39%
 - 新人: 5人/18人 = 28%
 - 現職: 4人/5人 = 80%


<サイト等URLの記載あるなし>
 ・記載あり:  13人/24人 = 54%
 - 新人: 6人/16人 = 38%
 - 現職: 7人/8人 = 88%

 ・記載なし:  24人/32人 = 75%
 - 新人: 4人/9人 = 44%
 - 現職: 20人/23人 = 87%



えーっと、まず僕の立場を明確にすると、僕と歳近い、業界的に「まだ」若い人にもっと地方議員になってほしい、と思っています。

そして、できれば既存政党とは距離をおいた、無所属で。 もちろん豊橋で、という気持ちは強いですが、そうでなくとも全国的に、そういう仲間が増えたらうれしいです。

だからこそ、選挙のことをちゃんと知ってほしいと思っています(自分自身が、何も知らなかっただけに)。

この本をはじめ、「地方議員の当選率は80%!」など、立候補を促す記事をよく見ます。
パンが無いならケーキを喰え的 立候補の勧め - Chikirinの日記
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20110219

当選確率80%、高年収?若者よ、「政治家」になろう|まだ東京で消耗してるの?
http://www.ikedahayato.com/20140530/6209798.html

もし「2019年統一地方『無投票』選挙」にあなたが立候補するとしたら?(吉田徹)|ポリタス 「統一地方選2015」私たちの選択
http://politas.jp/features/5/article/365
立候補を気軽に考えてもらう第一歩として、こういう記事はありがたい反面、一度立候補した僕としては、「80%だからどう?」とは、言えません。

なぜならば、新人と現職とでは、当選確率に大きな違いがあるからです。

今回の岡崎市議選の結果でも、新人は25人中10人当選(40%)の一方、現職は31人中27人当選(87%)です。 更にその中で、僕が確認できた限りでの、「無所属」新人では、18人中5人当選(28%)です。

当選された「無所属」新人5名の方の経歴などは次の通りです。

 ・磯部ろうそく店代表 - 53歳
 ・会社員(フタバ産業株式会社) - 46歳
 ・農業 [元]市職員 - 62歳
 ・[元]参院議員秘書 - 40歳
 ・[元]市教育長 - 70歳

1年半前の豊橋市議選でも、全体としては定員36人に対して42人立候補の当選確率86%でしたが、新人に関しては8人中6人当選(75%)、政党(共産党)公認であった2人を除くと、6人中4人(66%)です。 更に4人のうち2人は、当選してすぐ自民党に合流したため、今も「無所属」なのは2人(僕ともうお1人)です。



さて、岡崎の結果をさらに年代別に整理してみます。

30代40代では、12人中6人が当選(50%)しています。
但し、この中には共産党(当選1人)と、チャレンジ岡崎(候補4人中当選3人)が含まれています。

「チャレンジ岡崎」は、岡崎を含む選挙区の国会議員である重徳和彦さん(維新⇒民進)が中心となってつくられた政治家グループ(地域政党の卵)で、4人中3人当選はすごいです。

岡崎市議会では3人いれば独立した会派がつくれるみたいです。そういう意味では、今回2人から3人に増やした共産党も独立した会派をつくるでしょう。

話を年代別に戻し、50代60代70代では、13人中4人の当選(31%)です。
この中には、公明党(当選1人)が含まれています。

30代40代でのチャレンジ岡崎の影響をどう考えるかにも依りますが、若い方が当選確率は高そうです(そう思いたい、という気持ちもあります)。

ちなみにぼくは、「20代で、地元の市町村で、真剣まじめに活動すれば絶対通る(但し東京23区は除く)」とよく言っています(肌感だけで、調べたことはありません)。 先ほどの"「80%だからどう?」とは、言えません。" と矛盾するようですが、それだけ「20代」というのは強い武器になりえます。

20代に地元で立候補できるチャンスは、ほとんどの人で人生に1度きりしかありません。 まだ20代の方、ちょっと考えてみては?


今回の岡崎市議選では2,587票が当落ライン(当選した中で最少の得票数)になりました。 次点の方が、2,585票とわずか2票差であり、自分事でなくても冷や汗が出る結果です。

今回、当落ラインはもっと下がると思っていました。 なぜならば、候補者が56人もたくさん出たからです。 普通に考えれば、候補者が増えれば票が割れるため、当落ラインは下がります。

しかし、前回(2012年)の岡崎市議選での当落ラインは2,367票であったため、逆に上がりました。 これは驚きです。

ちなみに定員は同じ37人で、立候補は45人⇒56人と増えているのに対し、投票者数は168,348人⇒166,684人と減っているにも関わらずです。 割り算をすると、立候補ひとり当たりの投票者数は3,741人⇒2,977人と750人近く減少しています。

前回、候補者全体で最も少ない人が1,334票でした。 しかし今回、それを下回る方が9人いらっしゃいます(全員が新人)。これも驚きです、うち7人は1,000票を下回ります。 前回の豊橋市議選(立候補42人、投票者141,085人)でも、最少得票は1,000で、2,000票を下回ったのも2人でした。

ぼくは今回、立候補した方を新人も現職もおひとりも存じ上げませんが、今回、岡崎でたくさんの方が立候補された背景について、お詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。



最後になりますが、岡崎の投票日直前にこんな記事を書きました。
岡崎市議選挙はこの中から選べばいいと思う - 愛知豊橋・長坂なおと のblog

というわけで、岡崎市選挙管理委員サイトに公開されている公報を見て、「具体的だ」と思う候補を10人に絞ってみました。

もし誰に入れてよいか迷っている方がいれば、一助になれば幸いです。
http://nagasakanaoto.blog.jp/161012.html
その結果は??

 ・6人/10人 = 60%
 - 新人: 2人/5人 = 40% *全員「無所属」
 - 現職: 4人/5人 = 80%
  *民政クラブ(民進系)・公明党・共産党・日本一愛知の会・自民清風会(自民系)各1名(当選は左の4名)

サイトの記載ある/なしでも、顕著な差は見られなかったし、なかなか厳しいなぁ・・・

では!


<参考>岡崎市ホームページ 
 - 平成28年10月16日執行岡崎市長選挙及び岡崎市議会議員一般選挙 投・開票状況
 http://webhp.city.okazaki.lg.jp/yakusho/ka2010/sokuho/H28.10.16shicyoshigi/161016senkyo.htm
 - 岡崎の選挙記録
 http://www.city.okazaki.aichi.jp/class/p015602.html
 - 岡崎市長選挙及び岡崎市議会議員一般選挙について
 http://www.city.okazaki.aichi.jp/1300/1670/p20282.html