相模原の事件から約10日が経過しました。

事件当日26日(火)夜、こんなブログを書きました。
相模原事件、なぜマスコミは被害者情報を伝えないか - 愛知豊橋・長坂なおと のblog
http://nagasakanaoto.blog.jp/160726.html
公開後、次の記事を見つけ、被害者情報を出していないのは、警察の判断とわかりました。
神奈川県警は26日、事件の被害者の名前を公表しない方針を明らかにした。

殺人などの被害者は公表するのが通例だが、今回の事件について県警は「(現場の)施設にはさまざまな障害を抱えた方が入所しており、被害者の家族が公表しないでほしいとの思いを持っている」と理由を説明している。

相模原殺傷:神奈川県警、被害者の実名「発表しない」 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160727/k00/00m/040/133000c
翌27日(水)未明に、地元紙・神奈川新聞にこのような記事が掲載されました。
県などによると、死亡した19人は19~70歳の男女で、多くが2階建ての居住棟内で見つかった。 男性は西棟の1階で2人、2階で7人、女性は東棟の1階で10人。 職員を含む26人の負傷者は北里大病院(同市南区)など県内外の6病院に搬送された。

19人刺殺、26人負傷 相模原障害者施設殺傷

http://www.kanaloco.jp/article/188415 #神奈川新聞  
さすが地元紙、この時点では最も詳しく書かれていたひとつと思います。

ここからわかったのは、19人の死亡者は全員入居者、男性9人・女性10名。 負傷者の中には職員もいる、ということです。



警察から名前が出ないことについて、一部のジャーナリスト・記者がTwitterで「個人の意見」を述べています。

綿井健陽氏(映像ジャーナリスト)


澤康臣氏(共同通信記者)


渡辺志帆氏(朝日新聞記者)



更に、翌28日(木)に朝日新聞が、実名で記事を書きました。
(上記の渡辺記者とは、違う方の記事です。)

但し、負傷者のひとりであり、犠牲者ではありません。
相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」であった事件で大けがをした野口貴子さん(45)の両親が28日、朝日新聞の取材に応じた。

娘が重傷の両親「いま、どん底です」 相模原の殺傷事件:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ7X36TLJ7XUTIL005.html


週末になると、実名が出ないことについて、各紙が取り上げるようになります。
殺人などの被害者は公表が通例だが、警察は今回は遺族全員が配慮を求めているとする。 失われた命の重みが伝わらないとして公表を求める声が上がる一方で、遺族の要望の背景には根強い社会的な障害者差別がある、との指摘もある。 どう考えるべきか。

相模原の障害者施設殺傷:被害者氏名、県警公表せず 「プライバシー保護」 「忘れられる恐れも」 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160729/ddm/041/040/123000c
相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件で、神奈川県警は犠牲者やけが人の氏名を公表していない。 当事者たちの思いは複雑だ。

胸を刺されて入院中の森真吾さん(51)の母の悦子さん(79)=相模原市緑区=は、津久井やまゆり園で16年前に開かれた運動会で笑顔を見せる真吾さんの写真を取り出した。

差別や偏見に苦しんだ、それでも 相模原殺傷、匿名葛藤:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ7Y5HGCJ7YUTIL04N.html
戦後最大級の犠牲者を出した殺人事件にもかかわらず、「誰が亡くなったのか」という事実確認に障壁を設け、被害者の足跡や遺族の思いなどを世に伝える機会を奪った形だ。 障害者団体は「逆に障害者への差別になっていないか」と批判、メディアの専門家も対応に疑問符を付けている。

(略)産経新聞は29日付で、けがを負った被害者の家族を取材し、実名で報じている。

相模原殺傷 被害者匿名、疑問の声 県警が非公表 障害者団体「差別では」(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160731-00000056-san-soci


そして、31日(日)の夜、NHKが、都知事選の開票特番に挟まれるような形で、この事件をNHKスペシャルで取り上げました。
NHKスペシャル | 調査報告  相模原・障害者殺傷事件~19人の命は なぜ奪われたのか~
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160731
番組中では、被害者の写真や家族が登場しました。実名の方もいました。
被害者(家族)を、テレビで見たのは、これがはじめてでした。

しかし、いずれも負傷者であり、死亡者ではありませんでした。



そして、事件から1週間が経った8月2日(火)、はじめて遺族の言葉を見つけました。匿名です。
相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件で、亡くなった女性の家族が朝日新聞の取材に応じ、「彼女なりに一生懸命生きてきた。絶対に許せない」と語った。事件は2日で発生から1週間となる。

犠牲の姉「一生懸命生きてた」 相模原殺傷、無念の遺族:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ815G0VJ81UTIL03L.html
この遺族は、実名・匿名について、次のように述べています。
男性と次男は匿名を条件に取材に応じた。 負傷者の家族が名前を明かして思いを語る報道に触れ、次男は悩む。 「実名を出した方がいいだろうか。自分は姉の60年の人生を否定しているのか」。 家族とも相談した。 「自分勝手かもしれませんが、取材を受けるたびに姉のことを話さなければならないと思うと、感情が高ぶって耐えられない」と話した。


現状を整理すると、

-警察は、死亡者だけでなく、負傷者も含め、実名を出していない。
※前出の7月30日付け朝日新聞によると、「神奈川県警は犠牲者やけが人の氏名を公表していない。」

-しかし、一部の負傷者については、報道判断や、当事者(家族)の許可を得た上か、名前を出している。

-一方で、死亡者については、名前を出している記事は見当たらない。



既に事件から10日が経っており、匿名では遺族の言葉が出てきていることから、各紙記者が未だに全く犠牲者の名前を把握できていないとは考えられません。

ここで改めて、冒頭の綿井健陽さんのツイートを。
被害者情報を伝えないのは、「警察が出さないから、知ってるけど、名前を出さない」という判断を、すべてのメディアが「一律に」しているからでしょうか。

では。