豊橋と田原から成る小選挙区、愛知15区の公開討論会があったので行ってきました。
141127_191841

配付されたプログラムがこちら。
141128_020811
残念ながら、会場内は撮影禁止と言われてしまったので、写真ありません。

場内は、空席がかなり目立っていました。 はじめから座席のうしろ半分はタフロープで囲われて入れない状態に。 座っている人の人数を数えたのですが、会場が約600名はいるところ、120名ほど。 察するに、報道関係者、地方議員、行政職員、主催であるJCの方々がほとんどでしょう。

前回の公開討論会に行ったかどうか覚えてないのですが、関心の低さを感じました。



議論を交わすような討論もなかったため、お話のほとんどは、耳を右から左へと流れていったのですが、覚えている範囲だと、
(TPPで)国益に反することはしません。
うん、当たり前。
(東北の堤防は)必要最低限にします。
それも当たり前。
若者を戦争には行かせません。
当然でしょ。

と、本当に耳触りのいい言葉しか出てこなかったので、うんざりでした。



政治というのは、優先順位を決めて、予算を配分することなので、

〇〇をやめて、××をします。
〇〇を削減して、××に重点的に予算透過します。

とちゃんとトレードオフされるものの話を聞きたかったです。 そして、じゃあ、将来や他の政策のために、そのやめたり削減するものを、僕らは許容できるのか、と。 あれもやる、これもやるじゃ何も判断できないってよ。

そう思うと、10年位前に「痛みを伴う」と仰った方は、改めてさすがだな、と。

でもまあやっぱ、一候補ではなかなか踏み込んだことも言えないだろし、実現もできないから、結局、個人でなくちゃんと、政党で選ばないと行けないのかなぁ、と痛感した次第。



141127_191746
それにしても、ライトアップされた豊橋市公会堂はかっこよかったです。

明日夜は田原でも開催されるようです。
141127senkyo_touron
主催のJCの方々、急なところお疲れ様です。 機会設けてくださり、ありがとうございます。

では。