東京都議会のセクハラ野次に始まり、兵庫県議の号泣会見、青森の平川市議の大量逮捕(公選法違反)など、最近、地方議会がメディアを賑わせていますが、豊橋のおとなり新城市でも、議会による信じがたい決定がされようとしています。

以下は、本日2014年7月24日(木)の中日新聞。
愛知県新城市の長田共永市議(49)=無所属=が少子化対策として「穴の開いたコンドームを配っては」と市議会で発言した問題で、(略)長田氏は6月18日の一般質問で「婚姻届を出す夫婦に、穴の開いたコンドームを配ってはどうか」と発言。
もうこの発言だけで、開いた口が塞がらない・・・こういう比較はよくないけど、都議会のセクハラ野次より更にひどい。
浅尾洋平市議(37)=共産=がブログで長田氏の発言を取り上げたことを「議会軽視だ」と問題視し、今後、議員の情報発信を制限するルールを作ると決めた。
ふぁっ!?!?!?!?!?
浅尾氏は今月14日、自らのブログで「本会議での品位に欠ける恥ずべき発言」として議長、市長に適切な対処を求め、長田氏の発言が問題として広がるきっかけとなった。
このブログですね。 僕も読みました。 問題発言の書き起こしもあります。
新城市本会議での品位に欠ける恥ずべき発言に関する申し入れ #BLOGOS http://blogos.com/outline/90771/
浅尾さんグッジョブです。 問題として広がらなかったら、どうしていたのでしょうか。



更に中日新聞の記述を引用します。
山崎祐一市議(62)=無所属=が浅尾氏に対し、「公職の立場でありながら、議会で問題提起する前に、自らの主観を表に出すのはいかがか」「個人名を挙げるなら相手に通告するなど配慮すべきだ」と発言。他の市議数人も同調し、ブログやツイッターで発信する際のルールを何らかの形で設けることを、長田氏を除く17人の市議の間で賛成多数で申し合わせた。 浅尾氏は「時代と逆行するような後ろ向きなルール」と批判している。
もう唖然・・・
議員が自らの主観でものを言わずして、何を拠り所にするのだろう。

最後の識者コメントに、中日新聞記者の良心を感じました。
愛知大の宮入興一名誉教授(地方財政学)の話 不適切発言がテーマなのに、問題の本質をねじ曲げている。議員が自分たちの情報発信に手かせ足かせをしようというのは、議会の常識と良識を疑わざるを得ない。
■ 

本件、既に、別の地方議員(海住恒幸さん=三重県松阪市議会議員=)も危機感を感じてか、BLOGOSにエントリーを寄せています。
本会議での不適切な発言を取り締まる法はあるが、議会外の言論活動を議会が取り締まる法はない。あるのは、感情論だけだろう。
「議会軽視」みたいな法や条例に根拠をもたない、議員のメンツから出た言葉を根拠に言論に規制を加えるとは、いまどき、どのような理屈が支配する議会なのだろう。(略)

議会では「理」にかなわないことでも、ときに「数」にものを言わせ、とんでもないことが起きるものだ。

 - 愛知県新城市議会で議員ブログを規制とは #BLOGOS http://blogos.com/outline/91169/

僕がさっと検索した限り、本事案について報じているのは、現時点で、冒頭の中日新聞記事と、この松坂市議さんのエントリーだけです。 中日新聞、とてもいい記事なので、この事案を広く知ってもらうためにも、是非ネットに記事を掲載してほしいところです。 

にしても、新城市は、市長が個性的で注目していただけに、本当に残念です。 そりゃ、こんな田舎だったら、若い人どんどん出て行くわ。

新城市議会には、時代錯誤なルールをつくる前に、申し合わせを見直すことを、強く強く望みます。

では。 


追記(2014/07/25 0:45)
中日新聞、web記事ありました。(但し、全文読めるのは定期購読者のみ)
議員の情報発信を制限へ 新城市議会「ルールつくる」 | 社会面 | 朝夕刊 | 中日新聞プラス http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=196471&comment_sub_id=0&category_id=113&from=news&category_list=113