思い出を探しに、久々に(友だちの)ブログを漁り、見つけた記述。 日付けは2007年11月12日。 このディスカッションには、僕も参加していた。
・家計簿自動付サービス

すでにウェブ上やソフトでは存在。
しかし、結局入力する手間があるのは一緒。
これをもっと便利にできない?


・電子マネー・クレジットカードとの連動

いまや電子マネー・クレカで買い物が主流の時代。
これで買い物した購買データを自動的に用途別に振り分け、
請求書と一緒に自動的に家計簿がきたら画期的。


・マーケティング情報の収集

またこの副産物として、おそらくどの企業も
喉から手が出るほどほしがるであろう個人個人の
詳細な趣味思考がわかるデータを蓄積することができる。
むしろ副産物どころか、こちらのがオイシイのでは?


・クレジットカード会社へのメリット
 →ない?お金を払う?
  複数のカード会社と提携仲介できれば理想的。

・入手したデータの活かし方
 →直接の媒介はもちろんできないので、
  DMの封入などでお金を取る?広告にいかに活かすか?
  企業にどんなメリットを提示して取引できる?

第1回「おっパブ」議事録 

ときは2014年、これってまさに、
日本最大級のレシート家計簿アプリ・オンライン家計簿「Zaim」
http://zaim.net/



ここで思い出したのは、この記事。
アイディアには価値が無い。エグゼキューションにこそ価値がある。
http://innova-jp.com/media/entreprenuer/実行力/ 
左側が書いてある金額は、アイディアの金額だ。

どうしようもないアイディア マイナス$1
イマイチなアイディア $1
まずまずなアイディア $5
良いアイディア $10
すごく良いアイディア $15
超いけてるアイディア $20

すなわち、超いけているアイディアでもわずか$20ドルの価値しかないと言っている。

一方、右側の金額は、エグゼキューション、アイディアを形にする実行力に対する価値である。

ゼロエグゼキューション $1
イマイチなエグゼキューション $1,000
まずまずなエグゼキューション $10,000
良いエグゼキューション $100,000
すごく良いエグゼキューション $1,000,000
超いけてるエグゼキューション $10,000,000

「ビジネスの価値は、アイディアとエグゼキューションのかけ算で決まる。超いけてるアイディアでも$20の価値しかない。超いけてるアイディアを、すごく良くエグゼキューションした時には、$20×$1M=$20M(16億円)の価値になる。アイディアは聞きたくない。エグゼキューションされて、初めて興味がわいてくる。」
たかだか、学生に毛の生えた社会人1-2年目の連中が集まって、小一時間程度話したアイディアと、現在大ヒットのアプリとのたくさんの類似点。 当時こんなことを考えてた人は、きっと山ほどいた。 やるか、やらないか。 いかに、実行することに価値がるあるのかと再認識。 

では!

※この記事は、思い出の記事の場所、喫茶シャノアールで書きました。
140508IMG_20140330_140939