弟に赤ちゃんが生まれて数日経ちました。ちょっとずつ我が家に変化が生まれています。



ひとつめ。父。

家族で最後の砦だった父(アラ還)が、とうとうLINEを始めました。

と言っても、家族以外とのやり取りで使うつもりはないみたいですが。
そして弟が、LINEで家族のグループを作りました。
今のところ、ほとんど赤ちゃんの写真です。



ふたつめ。弟。

饒舌になりました。

元々無口でなく、陽気な弟ですが、僕が18歳で大学進学で家を出てからは、

「誕生日おめでと」>『ありがと』
『誕生日おめでと』>「ありがと」
「年末いつ帰ってくる?」

の年3回ほどのメールやり取りしかなかったのですが、陣痛が始まって以降、もう何年分以上のやり取りを交わしました。



みっつめ。僕。

たぶん生まれて初めて、弟をかわいいと思いました。

弟とは、1つしか違わないので、僕の中で彼は「記憶の始まりからいる存在」でした。幼い頃から体格もさほど変わらず(今は10cmも向こうが大きい)ので、どちらかといえば、ずっと「身近な競合」で、かわいいと思ったこと、ありませんでした。

それが、赤ちゃんは病院で、直接会っていないこともあってか、まだ赤ちゃんに「かわいい」という実感を抱いていないのに、毎日のように、赤ちゃんの写真を送ってくる弟には、初めて「かわいい」という感情を抱きました。赤ちゃんにノロケられるのは相手は、家族くらいなので、どんどん写真を送って来ればいいと思います。そんな弟にプレゼントした本。



いや、赤ちゃんてすげー、本当に。

生まれてきてくれてありがとう。
そして、新ママさん、お疲れ様でした。これからもよろしくお願いします。 
 
では!